プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ

GN-003 ガンダムキュリオス

これを書いているのは,13日.ようやく,懐金コーナーの更新ができます.実は,過去2週間(3週間?)書こうと思ってはいたものの,写真撮影がまだで,更新できずじまいでした.ようやく,今朝,いつもより早起きしてしまったので,写真撮影しました.

このキット,完成は昨年の秋.ほぼ1年前です.では,4面図から.

Kyrios-f01.jpg Kyrios-f02.jpg
Kyrios-f03.jpg Kyrios-f04.jpg

変形機構を有する特異なガンダム.飛行形態になるので,体のあちらこちらに羽がついています.敵からは,羽付きと呼ばれていましたね.

この機体,背中に非常に長いものをしょっているので,すぐに後ろに倒れてしまいます.

では,バストアップ.

Kyrios-f05.jpg

めっちゃイケメンなんですよ,このガンダム!このキットは,それまでの第3世代ガンダムでは,部分塗装で済ませていたのですが,腰のスカート部をオレンジに塗装する必要があり,白以外は皆塗装しました.といっても,ガンダムマーカーとタミヤさんのペイントマーカーですが.

この後で,やはりエアブラシが必要だと考え,禁を破って購入してしまったのでした.

では,武装して

Kyrios-f06.jpg

ビームサーベルもありますが,やっぱりGNライフルとシールドですよね,この機体は.

ライフルを構えて,

Kyrios-f07.jpg

少し角度をずらして

Kyrios-f08.jpg

ポーズをつけるのはタイヘンです.この機体は,すぐに後ろに倒れてしまうので,アクションベースを使いました.今度は,シールドを展開して.

Kyrios-f09.jpg

シールドの中から,さらに剣(スピア?)が出てきます.もっともヒーローっぽくない武装です(笑).

Kyrios-f10.jpg

展開したシールドの側面に,オーロラシールを貼っています.光を拾うと,ちょっといい感じ.

Kyrios-f11.jpg

でも,こんな武装に攻撃されたくはないですね.

では,変形して,飛行形態に.

Kyrios-f12.jpg

実は,変形させたのは初めてです(笑).これが面倒だったので,写真撮影が手間取っていました.

Kyrios-f13.jpg Kyrios-f14.jpg

飛行形態は,非常に薄くてかっこいいです.でも,女の子同様,下から見てはいけません.

Kyrios-f15.jpg

とってもシュールですね.あえてガンダム顔をさらすためにこういうデザインにしたとか.でも,これを下から見ると,つぶされたカエルみたいで,逆に笑われそうです.

最後の1枚は,もっともかっこよく見える角度から.

Kyrios-f16.jpg


以上,夏の間の懐かしい金曜日のコーナーでした.黒歴史ともいいますね.ごらん頂き,ありがとうございました.
スポンサーサイト

久々の,そして完結

依頼されていた講師の仕事も,何とかこなしてきました.まぁ,限られた時間の中でできることはやったかと.

さて出張から戻ってきたことですし,週末です.ということで,久しぶりですが,いってみましょう.前回,ひとまずは完成していたものの,実は一つだけ遣り残したことがありました.

それは,ガンダムキュリオスの飛行形態時のセンサー(通常の航空機でいうところのキャノピー)です.現状は,こんな状態でした.

KyriosSensor1

このセンサーは,メタル系のグリーンです.付属のシールを使ってもいいのですが,このシールは,かみ合わせの穴も開いています.かみ合わせの穴は,作成時にパテでふさいでいますので,穴は無いほうがいいに決まっています.かといって,塗装でメタルグリーンを処理する技術は持っていません.

そのため,今回の日本への出張では,これを購入してきました.

KyriosSensor2

以前,キュリオスのシールドに使ったホログラムシートの関連品です.同じく,ハセガワさんから出ています.この偏光フィニッシュシートは,限定販売品だったので,入手できるかどうか分かりませんでしたが,あっさり購入できました.何が偏光かって?このシート,透明なのですが,下地の色が明るいとマゼンダ調になり(右側),暗いとグリーン調(左側)になります.

早速,使ってみました.

KyriosSensor3

少々,切り込みが甘いですが,いい感じにセンサーが表現できています.少し余白があまったので,裏側のモールドにも使ってみました.

KyriosSensor4

このキュリオスの発展型であるアリオスガンダムのセンサーは,まさにこんな感じなので,ちょうどいいですね.

これで,ガンダムキュリオスも完成しました.第3世代のガンダムは,これにて終了です.
ちなみに,その製作で処理したゲートは,これだけ.

GateLeft

6体作ると,ゲートの切れ端も結構たまるもんです.各キットもレビューは,週刊予定で行っていきます.
明日は,今から製作するキットについてです.

メカグレーな日

毎週土曜日のガンプラコーナー.出張が始まる来週からは,このコーナーもまた不定期になるので,溜め撮りしている内容を書くことにします.その前に,今日はほんのわずかですが作業をしました.

まずは,エポキシパテで埋めていたガンダムキュリオスの足と機首.足の部分をその色の黒で塗装しました.

Kyrios-black

今は,ツヤたっぷりですが,そのうちつや消しトップコートを吹きます.また,機首のセンサー部は,メタリックグリーンのシールがついていますが,パテで埋めた部分の穴が開いたままです.これをそのまま使うか,メタリックグリーンで塗装するか,思案中です.メタリックグリーンのシートを貼り付けるという手もありそうですね.その場合,そのシートを入手する必要がありますが....

後は,ガンダムキュリオスとガンダムデュナメスの脚部に取り掛かったぐらいです.まずは,ゲート処理後.

mechagray1

この二つのキット,少々厄介なのが部分塗装です.一部はすでに部分塗装していますが,必要な箇所がかなりあります.ほとんどグレーの塗装なので,今回もガンダムメカグレーのペンを使って塗りました.このペン,最初に使ったガンダムヴァーチェから,ずいぶんと重宝しています.ペン先が入らない部分は,筆に落として塗ったりもしますが,混ぜる必要もなければ,後始末も比較的楽なので,部分塗装派にとっては,有用ですね.

部分塗装は,間接の裏側を含みます.一応,部分塗装が済んだ状態です.

mechagray2

2度塗りしないと,下地が透けてしまうので,結構,時間がかかりました(足,4本も一気にやろうとするからなのでしょうが).そうこうしているうちに,ついにインクが切れてしまいました.ヴァーチェ,ナドレ,エクシア,エクシアR2と使ってきたこのペン.なかなか使い切ることがないのに,よく使ったもんです.もう一度,記念撮影.

mechagray3

脚部だけで,これだけ使いましたからね(まだ数箇所残っていますが).メカグレーペンには,ずいぶんと助けられました.今日は,メカグレーの日でした.

キラキラ2

昨日の続きです(というよりも,昨日書ききれなかった内容ですが,作業自体は昨日行いました>さすがに2日はは取れる状況じゃありません>涙).

今日もキラキラがあるのですが,その前に,こちらから.

epoxy02

ガンダムキュリオスのバックパック(何と表現していいのか分かりませんが,飛行形態の機首に相当する部分)とふくらはぎのパーツです.変形時のポーズを決めやすくするため,センサー部(航空機なら,操縦席)に四角の穴が開いています.また,ふくらはぎ内側の一部は外から見えるのですが,中がすかすかです.無視してもいいんですが(普通はそうです),あまりに目立つ場所なので,ついでにエポキシパテで埋めることに.

epoxy03

ほんの少量のエポキシパテを混ぜ合わせるのは,面倒なので,ちょうどよかったです.こちらの続きは,来週かな?

では,本題に.
やはりキュリオスのパーツです.

Kyrios-shield1

シールド部です(個人的には,後で書くようにカニバサミなんですけどね).デュナメスは,ライフルに凝ったことをしましたが,キュリオスではこのシールドに力点をおいてみます.

用意したものは,ハセガワさんから出ている局面追従シートのホログラム版.

Kyrios-shield2

コレも前回日本で購入したものです(ちょっといい値段ですよね).さすがにホログラム.角度によって色が変わります.キラキラの第2段として,こちらのシートを使って,工夫してみましょう.

まず,適当な大きさにカットします.

Kyrios-shield3

すでに光り方がステキです(笑).

Kyrios-shield4

思った以上に簡単に台紙からはがせます.でも,シート自体,非常に薄い.静電気が発生しやすい冬場の作業では,裏に書いてあるように水を使う必要があるかもしれませんね.

コレを特定部位に貼り付けます.

Kyrios-shield5

伸ばしすぎるとかえってシワができるようです.で,残りも貼り付けました.

Kyrios-shield6

オレンジのツメに相当する場所は,以前入れたスジがちゃんと見えます.あのときに入れたスジは,実はこのための布石でした.そのため,せっかく入れたスジなのに,スミ入れもやってないのです.

後は,デザインナイフで,余白を切り取ります.

Kyrios-shield7

なかなかそれっぽくなりましたね(笑).つめの部分ですが,横線のスジを等間隔にあと数本入れていたほうが,パネルっぽく見えてよかったかもしれません.

では,シールドの完成です.

Kyrios-shield8

なんかタガメみたいですね.でも,このタガメ,怖いんです.口を開くと,こんな感じ.

Kyrios-shield9

なんか食べられそうです.設定でも,中心から,剣(針の方が正しいのか?)が出てきて,やっぱり怖いです.
開くとミラーという設定はいろんなところで見ましたが,まぁコレもありかと.シート,購入しといてよかったです.別の色も入手したほうがよさそうです.次の機会に,物色しましょう.

以上,キラキラの週末でした.

アイリーンとオレンジ

昨日からのハリケーン”アイリーン”の影響で,昨日からメールが沢山.それは,明日から始まる今学期の授業に出られないというメール.特に,海外からの学生で,フライトがキャンセルになり,次の飛行機がすぐに取れずに,最悪,こちらに来るのが木曜日になりそうだとか.メールの内容からして,かなりフラストレーションが溜まってるいる様子.まぁ,いきなり出鼻をくじかれた訳だから,確かにその気持ちは分かります.詳しくは,明日,書くことにしますが,明日からの授業ではとてもではないけれど出席なんか取れないので,最初のイントロダクションを聞き逃すぐらいで,ほとんど影響はないんですけどね.受講する側にしてみれば,やっぱり気になりますよね.気にしないでいいからとナイスな返事をしておきました.しかも,講義で使用するノートやシラバス(アウトライン)は,この講義専用のサイトからオンラインで入手できるのです.私が学生の頃から比べたら,信じられない進歩です.もちろん,宿題も.今の日本では,このあたり,どうなっているのでしょうか?少し気になります.

さて,やはりハリケーンの影響で,やはりまともに外出できなかったので,ガンプラを進めることに.今日は,オレンジデーです.オレンジの機体といえば,ハレルヤさんの機体.現在は,第3世代を作製しているので,ガンダムキュリオスです.このキット,いいキットなのですが,最低限の部分塗装しかしない(できない)私の場合,少々厄介なことが....

それは,リヤアーマー部(要するにケツ)のオレンジが省略されてしまっていること.手としては,無視する,あるいは何とか塗るの二つしかありません.この問題は,前回,日本に変える前に分かっていたので,打開策を見つけるために,いろいろと見て回っていました.一番手っ取り早いガンダムカラーですが,私が使うことのできるペンタイプのものには,オレンジは実在しません.かといって,オレンジのビン塗料を使いたくても,専用薄め液がないので乾燥したらアウトです(買えばいいんですけど,薄め液をトランクにつめるのは少々抵抗があります).

そんなこんなで,見つけました.その打開策.それは,タミヤさんのペイントマーカー.この中にオレンジがありました.まぁ,コレを見つけたので,肉抜き穴を埋めようという気になったのですが.

では,着色後です.やはり剣山(笑).
orange1 orange2

もうちょっと渋い柿色が好みなんですが,ペイントマーカーを塗っただけだと,ツヤがあり,派手すぎます.これって,つや消しのトップコートを吹けば,もう少し落ち着くのでしょうか.もう,部分塗装の域を超えた気がします.このキット,いろんなブログで言われているように,これ以外でもかなりの塗装箇所がありますね.ガンダムメカグレーが必須です.

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ