FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

77GC-112 頭部の組み上げ

76系に続き,77系の工作もこれが最後になります.特にこの77系は,オリジンキットを使う上で,というよりも,どのキットを使っても,キットが無い機体もあることから,改造は必須.キットの楽しみ方は,人それぞれで,どんな作り方をしても,私はそれを肯定しますが,私自身は,なんちゃら風というものにはしたくなかったので,技術が伴う範囲で,自分のイメージに見合うよういじってきました.こちらは,6機体なので,100回越を想定していました.そsのため,ここまで来れたことが,歓喜です.

最後の工作は,こちらも頭部です.76系でも,普通ではないことをやっていましたが,こちらも少しだけやっています.

まずは,量産型の頭部から.

77-1243.jpg

本来,バイザー部がクリアーパーツではないキットだったので,こちらの中身はありません.そこで,オリジンキットの中身を加工し,というよりもセンサー部をくりぬき,塗装して貼り付けました.これで,違和感なしですね.メタリック2色で塗装し,スミ入れしています.他の頭部も,内部は同じ塗装を行っています.

さて,この77系頭部で最も大きな問題は,バイザーの色.ほとんどは,グリーン系でいいのですが,ガンキャノンIIと重装型はオレンジ系のバイザーです.しかも,ガンキャノンIIでは,口元の形状が異なるので,バイザーの形も違います.考えあぐねた結果,ここは,キットのパーツを芯に,バキュームフォームすることにしました.プラ板,サラダパックの透明容器など,いろいろな素材で試したのですが,やはり塩ビ板(PVCですね)に勝るものがありませんでした.残念ながら,こちらでは透明のPVC板の入手経路が限られるので,すべてのバイザーをバキュームフォームで作ることはできませんでしたが,色あるいは形状が異なる2機体だけは,挑戦してみました.あまりに必死だったので,途中経過が無く(汗),組み上げた状態です.まずは,重装型から.

77-1245.jpg

そしてガンキャノンII

77-1244.jpg

跡は,メタルパーツを取り付けながら,組み上げていきます.まずはひさしとバルカン.

77-1246.jpg

後頭部に,アンテナの基部.

77-1247.jpg

そして,長さを調整したアンテナの先端です.

77-1248.jpg

バルカンとアンテナはHIQパーツさんのものを使いました.結構,お金がかかっています.こちら,77系は(76系も同じか),同じものが一つもない頭部でした.これで,すべての工作が終了しました.後は組み上げての完成報告編です.せっかくなので,1機体づつ行いたいと思います.というのも,10月は出張が続くので,しばらくは次に進めそうにないからです.という訳で,ガンキャノンはもうしばらく続きます.
スポンサーサイト



77GC-111 四肢の組み上げ

76系に続き,こちら77系もクライマックス.本日は,四肢を組み上げていきます.まずは,脚部から.

77-1233.jpg

謎の機体と108号機.形状的にコントラストが最も大きなこの2機,色は同系ですが,ほぼ別もんですね.お次です.

77-1234.jpg

人によっては,間違い探しのレベルですが,重装型と重装D型です.色が違うので,見た目が違います.さらに,

77-1235.jpg

ガンキャノンIIと量産型.もっともごつい2機です.量産型の圧はすごいですね.これ,ガンキャノンIIIとする方がいいのでは?というぐらいかけ離れています.

今度は,腕部です.同じ順番です.

77-1237.jpg

シンプルな108号機に比べ,謎の機体はけっこう複雑です.そして,左手側のショートシールドは,本当にうまくいったと思います.これ,接着剤なしで,テンションだけでくっついています.サイズ的に悪くない.

77-1238.jpg

やはり肩に何かあると印象ががらりと変わりますね.

77-1239.jpg

やはり量産型の別物感が半端ありません.ホワイトディンゴのマークはいい位置になったと思います.

跡は武装を少々.重装D型用のバルザック式ロケットバズーカ-です.

77-1240.jpg

側面のくぼみにラピーテープを貼り,設定画に準じました.センサー部は,

77-1241.jpg

見にくいですが三つ目です.そして,量産型のキャノンのセンサーです.

77-1242.jpg

キットのままだとセンサーっぽさがまるでなかったので,あらかじめセンサー用のくぼみをつけておきました.

こちらも残りは頭部のみ.組み上げは,というよりも製作は次回がラストです.

77GC-110 組み上げの続き 謎の機体を中心に

本日も,そしてしばらくは,組み上げ中心で,ラストスパートです.本日は,ほぼ謎の機体を中心に組み上げたいと思います.

まずは足首から.ここは,可動シリンダーが見えています.これまでの工作で,その基部は作ってきましたが,塗装前では組めませんでした.塗装も終わったことだし,取り付けておきましょう.まずはシリンダーの基部を取り付けます.

77-1225.jpg

あっ,シリンダーのオレオ部も取り付けていましたね.なお,シリンダーの基部の下には,スプリングを埋め込んでいますので,シリンダー自体は,前後左右には,フレキシブルに動きます.これを,脚部に取り付けてみます.

77-1226.jpg

大きな干渉もなく,問題ないようです.お次は,謎の機体の胴体.埋め込み型のバックパックを取り付けます.

77-1227.jpg

そして,側面にダクト?を取り付けます.いい感じにはまりましたね.ついでに,胸部ダクトを取り付けておきました.側面しか見えませんが.胸部ダクトつながりで,他の機体の胸部ダクトも取り付けました.いずれも,別パーツ化による後ハメです.

77-1228.jpg

こうしてみると,とてもカラフル.特に,右上のガンキャノンIIのメタリックグリーンが目に沁みます.

さて,謎の機体は続きます.腰部サイドアーマーです.

77-1229.jpg

これはミサイルランチャーだそうで,メタリックオレンジのフタと排気口と思われる部分にフィンを取り付けました.この位置からはみえませんので,完成時にお披露目できると思います.そして,謎の機体の腰部です.

77-1230.jpg

ダクト等を取り付けています.ついでに,他の機体の腰部も組んでみました.

77-1232.jpg

左から,謎の機体,108号機,そして重装型です.さらに,

77-1231.jpg

重装D型,ガンキャノンII,最後に量産型です.やはり,量産型だけが規格外のような気がしますね.

今週はここまでです.かなり終盤に近づいてきました.が,最後の山がもう一つ残っています.来週,できるでしょうか

77GC-109 こちらも組み上げ開始 バックパックの動力パイプ

前回まででようやくデカールワークが終わったので,十分乾燥させて,つや消しクリアーでトップコートしました.その後,もう一つ秘密の処理を行いました.トップコートも量が量だけに大変です.

さて,そのトップコートも終わり,こちらも組み上げ開始です.と言っても,結構の作業が残っているのですが.

まずは,バックパックから.バーニア系を取り付けました.

77-1218.jpg

バーニア中心部には,つぶし玉を接着しています.この画像ではそう見えませんが,右下の量産型のバックパックには,かなりの量のバーニアが付いています.本当に量産型なんでしょうか.ちなみに,上段は,左から,謎の機体,108号機,重装型,下段も左から,重装D型,ガンキャノンII,そして量産型です.

この中で特に問題となるのは,強大なバックパックの重装型,重装D型,ガンキャノンIIです.これらのバックパックには動力パイプが付きます.その部分を組み上げる必要があります.

1.5㎜径のスプリング,1㎜径の針金を準備し,スプリングを動力パイプの基部パーツに接着します.そして,短めにカットした針金をその動力パイプ基部側に接着します.

77-1219.jpg

スプリングにあらかじめ作製しておいた動力パイプを7個差し込んでいきます.

77-1220.jpg

それを,すでに本体に接着しておいたパイプ基部に取り付けます.

77-1221.jpg

そして,動力パイプを固定します.

77-1222.jpg

これで動力パイプは出来上がりです.さらに,残りのスラスターフィン等を組み込みます.

77-1223.jpg

これでバックパックは出来上がりました.最後に,足裏のバーニアにつぶし玉を貼り付けて,本日の更新はお終いです.

77-1224.jpg

続きはまた明日.

77GC-108 デカールワーク編 その4 腰と頭部

さて,77系のデカールワークも本日が最後です.だんだんと終わりが近づいてきました.デカールワークの残りは,腰からです.

77-1210.jpg

同系列の機体ですが,結構違いますね.製作時に,わざと違いを強調したところもありますが.このカットでは分かりにくいので,正面からです.

77-1211.jpg

上段,左から,謎の機体,108号機,重装型,下段は左から,重装D型,ガンキャノンII,そして量産型です.ガンキャノンIIの4は外せません.これさえつければ,ガンキャノンIIに見えますよね?108号機と重装D型には,ラインを付けています.108号機は,リアルタイプっぽく,重装D型はMSV-Rの設定画準拠です.そして,サイドアーマーです.

77-1213.jpg

謎の機体のサイドアーマーは,けた違いに大きいですね.最近知ったのですが,これはミサイルランチャーだそうです.アッ,重装型と重装D型の場所が入れ替わってますね.カラフルです.組み上げて並べると,まぶしくて目に染みるでしょうか?

そして,最後のデカールワークは頭部.

77-1214.jpg

人相がだいぶ違いますが,どれもこれもガンキャノンです.これで,ようやくデカールワークが終わりました.後は,地獄のトップコートです.一部はすでにトップコート済みですから,ちょっとだけ組んでみましょう.

武装です.量産型用のマシンガン.

77-1215.jpg

両手持ちです.そして残りの武装.

77-1217.jpg

ガンキャノン用のビームライフルは,大型の携帯武器ですが,バルザック式ロケットランチャーの大きさは,異常ですね.一部を除いては,ほぼ完全自作なのですが,大丈夫なのでしょうか,サイズ的に.ここも,手首を固定しました.本日の最後は,ガンキャノンIIの肩部センサーです.

77-1216.jpg

センサーを取り付けました.円状のものは,径が異なるメタリックブルーとメタリックグリーンのシールの上から,クリアーのレンズ状パーツを貼っています.長方形の方は,メタリックシルバーにクリアーレッドとクリアーグリーンを吹き,その上にUVレジンを流しレンズ状にしました.

次回からは,組み立てです.もうひと踏ん張りですね.

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ