プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ

76GC-11 デジャヴ2

すっかり更新が遅れてしまいました(これを書いているのは,19日だったりします).手は動かしているのですが,思った以上に記事にできる内容にはならず,今週末は1回だけの更新です.しかも,来週は両週末を含んでの出張で,戻ってきても中三日でまた10日ほどの出張になりますので,その間に仕事も佳境になっており,地に足が付いていない生活が続いています.

今回も,新たに加えたキットをこれまで進んでいたところまで追いつこうとする作業ですから,内容としては面白みに欠けますよね.筋道はすでに立っていても,その工程が少なくなるわけではないので,それなりの時間を要します.

さて,前回の続きから.首の周辺をいじっていましたが,よだれかけの部分にも同じスジ彫りをしました.

76-111.jpg

しかし,このKPSという素材,本当にスジ彫りしにくいですね.きっちりやすれないし,ケバが取れない.それだけ柔らかく,粘り気があるということなんでしょうが,やはりかっちりとなるABSの方が好きです(やはりオールドタイプなのか?).

首の後ろも隙間埋めです.

76-112.jpg

プラ板でモールドっぽくふさいで,合わせ目消しを不要としました.だって,またケバ立つし.

前回は,ひじ裏の工作を端折りましたから,今回は画像を3枚使って書いてみます.まずはプラ板を貼ります.

76-113.jpg

あぁ,その前処理として,このひじ裏を0.5㎜程薄く削っています.0.5㎜のプラ板を貼っても,はみ出して見えないように.中央を貼り,下から厚みが異なるプラ板を貼っています.直付けのデプス構造ですかね.

そして,ひじ装甲の形状に合わせて削ります.

76-114.jpg

この時,中央のプラ板は少しとがった感じで残しておきます.裏から見ると,

76-115.jpg

先が出っ張っているのが分かると思います.キットでは,ひじ装甲の裏は,このパーツでふさがれるのですが,キットのままだと,その先端に三角の隙間ができて,妙にかっこ悪いんですね.ひじだけでなく,ひざの裏も同様なので,同じような処理が必要かもしれません.

ひざ関節は,側面の円状モールド部を開口しておきます.
76-116.jpg

裏うちして,ようやく塗装です.

76-117.jpg

後は一気に

76-118.jpg 76-119.jpg

まだまだあります.

76-120.jpg 76-121.jpg

足の裏も.

76-122.jpg

すべて写していませんが,これでようやくメインのフレームカラーであるガンシップグレーの第1陣が終わりました.部分塗装はこれからです.しかし,ようやく先行のキットの段階に追いついてきました.

最初にも書きましたが,製作記自体はしばらくのお休みです.別のことを記事にするかもしれません.
スポンサーサイト

76GC-10 デジャヴ

ガンキャノン製作10回目の記事は,”振出しに戻る”です.そう,これまでやってきた作業の繰り返しです.すでに,キットについてはある程度分かっていますから,仮組抜きに進めます.まずは,無条件に接着できるパーツを接着.

76-101.jpg

すねフレームは,ベロの部分を切断し,接着シロとなるガイドを貼り付けます.

76-102.jpg

後は,モールドを掘り直し,ひたすら合わせ目消し.今回で少しは慣れるかと思いましたが,やはりこのKPSという素材,好きになれません.可動における自由度を引き上げたのは理解していますが,毛羽立ちやすい性質がどうにも....

下腹部も無条件に接着.

76-103.jpg

そのうち,延長しないといけませんね.後は,ひたすら開口です.まずは足裏.

76-104.jpg

それぞれ,バーニア2基と丸モールド四つを開口しています.四つのモールドは,プラ板で裏打ちしておきます.

76-105.jpg

胴体側面のスラスターも開口.

76-106.jpg

バックパック側面のスラスターも同様です.

76-107.jpg

頭部のバルカンも開口しました.

76-108.jpg

また裏うちが必要ですね.そして,襟です.プラ板で背面部のモールドを自作します.プラ板を一部切り出し,切り出したものを後ろに貼り付けています.

76-109.jpg

そしてスジ彫りや円モールドを加えます.

76-110.jpg

よだれかけの部分にもスジ彫りが必要ですね.他にもいろいろと作業はしたのですが,ほとんどがこれまでやったことの繰り返し.まさにデジャヴですから,本日はここまでです.来週は,追いつき追い越せるか?

76GC-09 どうしてこうなった(汗)

ようやく通常の週末を迎えました.と言っても,今回,時差ボケがなかなか取れず,寝ないといけないときには全く眠れず,どうでもいい時に寝てしまうという悪循環から抜け出せていません.やっぱり年を取ったということなんでしょうね(涙).

実はこの週末は,たまっていた仕事を捌く必要があり,通常の半分ぐらいしか模型の時間が取れません.これまでかなりのハイペースで進んでいたガンキャノンですが,ここに来て一気にスローダウンです.製作のほうも,チョットだけ手の込んだことを考え始めてしまったので,試行錯誤が先に来て,進まなくなりました.この週末に,概略といじる方向は何とか決めただけです.それでは,製作記にはならないんですが,ここに来ていつもの悪い癖が出てしまいました.

タイトル,以前とは少し異なっていますよね.ブログ記事のカテゴリーも同様です.そうです,01を取ったんですよ.76-01は,初期型ガンキャノンのテストベッドの機体番号です.もうお分かりの方もいらっしゃいますよね,えぇ本当に悪い癖なんです.どうしてこうなったと以前ガルスくんの時にも書きましたが,今回も然り.どうしてこうなったんでしょうか(滝汗).確かに,オリジンのガンキャノンは神キットではあるんですけどね....

という訳で,76-02です.

76-88.jpg

オリジン本編で,後に星☆彡と呼ばれる猛者たちに一方的にやられまくった鉄機兵中隊の機体です.のちに星☆彡と呼ばれる男たちが相手なので,全く持って勝てる気はしませんが,それでもすさまじいやられっぷりを見せた機体群の1体です.なんといっても12-0ですからね.

さて,いつものようにランナー紹介です.次期としては,こちらの方が販売が早かったので,こちらの方がオリジンですね.まずは,多色成形のA1パーツ.

76-89.jpg

頭部のパーツなど1部を除き,01のキットとほぼ同じ.A2です.

76-90.jpg

こちらは整形色以外は同じですね.Bランナーです.

76-91.jpg

こちらも頭部パーツ以外は同じ.実は,01のキットが一般で販売されたことは,私にとってはとても深い意味があるのですが,それはまたいずれ.C1と表記されているランナーです.

76-92.jpg

流石にこのランナーは,01キットとずいぶん異なります.Dランナーです.

76-93.jpg

キャノン用の2パーツ以外は整形色も含めて同じです.個人的には最高のPC100のポリキャップと台座が付いています.

76-94.jpg

そして,ステッカー.

76-95.jpg

派手な隊長機以外の102-112号機の番号が付いています.このステッカー,ずいぶんと薄くなり,使いやすくなったと言われていますが,実際はどうなんでしょうか?

以上が,実戦投入の02機のキットでした.そう,なんで増えたのか,これだけでは理由になりませんよね.たいして悪い癖が出たとは言いがたい.製作記体が増えた理由はこれなんです.

76-96.jpg

そうなんですよ,ロールアウト1号機.白いガンキャノンのキットを入手しまして,それならまとめて作ろうということになったのでした(滝汗).相変わらずの悪い癖です.この白い機体.01や02などのサブナンバーは付いていないものの,基本02機と同じ構成です.ただし,整形色の問題で2種類の整形色から成るAランナーが入っています.

76-97.jpg 76-98.jpg 76-99.jpg
おかげで余剰パーツが出ます.それもいずれは必要ですから,願ったりかなったりです.残りは02機と同じですね.シールはこんな感じです.

76-100.jpg

赤線は派手ですが,当時のMSVのようですね.本日はここまでです.

76GC01-08

昨日に引き続き,本日もガンキャノン.昨日は,白パーツの塗装を行いましたが,本日はその部分塗装から.まずは,頭.

76-01-77.jpg

内側の塗装です.マスキングを必死に行い,まずは今回のフレームカラーであるガンシップグレーを吹き,ツインアイっぽい中段両端のモールドをアルクラッドIIのクロムでギラギラ塗装.ギラギラ塗装の前に,グロスブラックを下地として吹いていますから,三層塗装ですね.これだけでも結構時間を要します.当初は,中段のモールドではなく,その上下のガンダムアイっぽいモールドを四ツ目状態にしようと思ったのですが,ひさしを付けると,中段しか見えなくなるので,ツインアイにしました.これで,ゴーグルを被せても,コントラストがついた感じになっていると思います.

お次はシールドの裏.

76-01-78.jpg

ここはガンシップグレー1色でいいのですが,嫌がらせのように付いている金型のピン跡が気になりました.ちゃんと埋めるのが本来の作法なのですが,あまりに多いし,かなり入り組んでいるし,さらにシールドの正面パーツ用のピン穴もたくさんあるので,このまま残すことにしました.しかし,それではあんまりだったので,アルクラッドIIのマグネシウムという色を拭き,ピンを円でマスクして,ガンシップグレーを吹いています.

同じ部分塗装にアルクラッドIIの塗料を使用しましたが,頭部はグレーの後にアルクラッド,シールドはアルクラッドの後にグレーと順番を逆にしています.其れは,アルクラッドIIの通常のメタリックカラーは,被膜がそこそこ強く,マスキングにも耐えてくれますが,クロムのようなミラー系の色だと,マスキングには耐えきれません.

さて,これで白パーツも終了です.そしていよいよ,橙パーツに移ります.メインの色ですから,パーツも多く,一気には終わらせられませんから,部位ごとに進めていきます.

今回は,胴体です.まずは側面のバーニアを開口.

76-01-79.jpg

バックパック側面のバーニアも,同様に開口.

76-01-80.jpg

バックパックについているフックは,そのままだと表面処理が面倒だったので,

76-01-81.jpg

あっさり切断.バックパック側は,表面処理後に,開口,裏うち.

76-01-82.jpg

フックよりも若干径が太いつぶし玉を使います.

76-01-83.jpg

このおかげで,切断したことで短くなったフックも接着シロが稼げます.フックも,

76-01-84.jpg

心中線を埋め込んでいます.フォーカスが合っていませんね.すみません.

さて,他の部位と同様,胴体も非常にいい出来です.何度も書いていますが,オリジンのガンキャノンは神キットですから,このままでも何も問題ないと思います.ただ,唯一,いじりたくなったのがここ.

76-01-85.jpg

腹部です.腰の可動のためでしょうか,キットでは2段バラの下側が設定画に比べて短い気がしました.リバイブのガンキャノンと比べるとその差がよく分かります.今回は,1.5㎜だけ延長しました.今回,アウトラインをいじるのはココだけです.

後は,モールドを掘り直し,ひたすら表面処理.

76-01-86.jpg

胴体パーツの表面処理が終わりました.面が多くて大変です.プラ板で延長した腹部だけは,確認のためにサフを吹いておきました.

76-01-87.jpg

次は腰ですかね.胴体も,少し気になるところがあるので,ディテールアップするかもしれません.

ここまで,私では考えられないスピードで進んできましたが,それも今回までです.来週は出張で,帰りは2週間後.次の製作記は7月になってからですね.それではまた~.

76GC01-07

時間に少し余裕ができると思っていたのですが,なかなかそうならず週末になってしまいました.週末ぐらいは,それを少し脇に置いておいて,模型製作したいと思っています.まだ,それに時間を割くことができるというのは,まだ余裕があるということなのでしょうか.

ガンキャノンは,白いパーツに取りかかっていました.本日もその続きです.まずは特徴的な胸のダクトから.

76-01-66.jpg

まずは,リンクさせていただいているgyoさんも行われたように,ダクトフィンの縁をシャープに.上の写真では,右側をシャープにしています.次に,ダクトの先端を切断しました.

76-01-67.jpg

最初は,後ハメ化のためでしたが,胴体側面は合わせ目を消すのではなく,段落ちで処理しようと考え直したので,無意味な工作になりかけました(笑),しかし,後ハメ化ではなく,もう一つの目的がありました.それがこれ.

76-01-68.jpg

キットのままでは,ダクトの縁が少し出っ張った感じだったのですが,一度切断して,長さを若干調節してみました.これで少し,くぼんだ感じになったと思います.ここでお遊びですが,この切り出したダクトを逆に取り付けると,

76-01-69.jpg

分かりますかね?分かる人には分かりますよね.あれが再現できそうですよ(笑).108号機といい,これといい,自制しないといけませんね.いけないあの気持ちがふつふつとしてきました.

ともあれ,切り出したダクト先端は,

76-01-70.jpg

プラ板を付けてシロにしました.これがガイドになって,ダクトがはめやすくなります.

白いパーツの最後は,これです.

76-01-71.jpg

頭部です.ガンキャノン試験型は,機動試験用と火力試験用の2タイプとがあり,それぞれで頭部が異なります.せっかくなのでどちらも作ってみます.今回の製作は,できるだけキットのままですが,頭部のバルカンはHIQパーツさんの金属パーツを埋め込むことに.そして火力試験型の頭部の丸型センサーも,モノアイ用のメタルパーツを取り付けることにしました.

バルカンは,それ以上押し込めないように,プラ板を貼り付けておきました.

76-01-72.jpg

そして,接着して合わせ目を消しました.

76-01-73.jpg

Vアンテナも安全対策のフラッグを取り,シャープにしました.

ひさしも表面処理しておきました.

76-01-74.jpg

加工が終わったので,白パーツの塗装に移ります.まずは,下地としてダークグレーをエッジに吹きつけました.

76-01-75.jpg

黒立ち上げならず,灰立ち上げです.

そして,少しグレーがエッジに残る感じで白を塗装しました.

76-01-76.jpg

べたにならないように,少しだけエッジを残すように,そして厚化粧のようにくどくならないように,ほんのりエッジを残しました.部分塗装は必要ですが,白のパーツもほぼ終了です.続きはまた明日.

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ