プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ

kje-136

昨日に引き続き,本日も部分塗装後の一部組み上げを進めます.昨日は,腹部の動力パイプで終わりましたが,このガルスくんシリーズは,動力パイプが後2か所残っています.今日はそのうちの一つが終わるところまで進めます.

それは,頭部ですね.動力パイプの前に,JとKは,頭部の外部装甲を取り付ける手段を考えていませんでしたから,そこからです.

kje-1612.jpg

装甲の裏側に,マグネットセッターを貼り付け,

kje-1613.jpg

フレーム側にネオジム磁石を埋め込みました.ついでに,モノアイ用の皿を接着しました.

kje-1614.jpg

これもHIQパーツさんのパーツです.それでは,鼻(クチバシ?)から下に延びる動力パイプを取り付けていきます.まずは,基部から.

kje-1615.jpg

基部には,0.5㎜の針金を埋め込んでいます.これをガイドに,

kje-1616.jpg

スプリングを接着.針金は基部だけで,1㎜程しか出っ張っていません.そう,フレキシブルなパイプにしたいのです.パイプを通して,端点で接着.

kje-1617.jpg

正面から見ると,鼻下パイプがついたことで,ようやくガルスっぽくなりました.

kje-1618.jpg

胴体に乗っけてみます.

kje-1619.jpg

側面からのビューは,ガルスくんはアリクイ(あるいはゾウムシ)っぽく見えますよね.昆虫的なイメージがあります.

正面からです.

kje-1620.jpg

多少の首振りも何とか.

kje-1621.jpg

でも,気を付けないと塗装が剥がれそうです.シュツルムも同様で,

kje-1622.jpg kje-1623.jpg

本日は,部分塗装は一切なかったわけですが,実は部分塗装は終わっていました.しかし,もう一つだけ工作が残っています.来週は,待ったなしなのでその工作をやります.そして,マーキング系になりますね.このマーキング,どうしてもやってみたいことがあるのですが,今の手持ちの武器(道具)ではそれはできません.そのため,ガルスくんの製作は,来週までの分で一端保留にしようと思っています.ちょうど,出張も入りますから,ちょうどいいかもしれません.ここまで来ていますから,もう投げ出すことはありませんので,ガルスくんは休憩ということですね.
スポンサーサイト

kje-135

先週に引き続き,本日も部分塗装と一部組み上げは続きます.部分塗装ももうあと一息というところでしょうか.先週同様,本日もスネパーツから.

シュツルムのスネです.

kje-1600.jpg

ひざ装甲の裏に,姿勢制御用バーニアを取り付けました.その裏側です.

kje-1601.jpg

裾野から裏側が覗いているので,自作しておいたパネルを接着.そして,スネフレームに外装を取り付けます.

kje-1602.jpg

JとKも同様に,姿勢制御用バーニアを取り付け,

kje-1603.jpg

スネフレームを接着.

kje-1604.jpg kje-1605.jpg

ここは,後ハメ加工をしていて,下から潜り込むようにフレームパーツを入れ,エポキシ系の接着剤で,ガッチリ固定しました.その後,裏側パネルを接着しています.

kje-1606.jpg

見えますかね?これで準備しておいた裏側パネルはすべて接着しました.

せっかくエポキシ系の接着剤を使用したので,強度が必要なこちらのパーツの接着にも使用しました.

kje-1607.jpg

JとKの肩です.肩の関節を装甲の内側に固定しました.

次にシュツルムの袖を塗装します.すでに白で塗装していましたが,その上からモデルマスターエナメルのエアクラフトインターナルブラックで塗装しました.

kje-1608.jpg

そしてふき取ります.

kje-1609.jpg

コクピットハッチのエンブレムは,ビルダーズパーツのジオン紋章を加工して作っています.キットではただのシールなので,立体化できました.そして,腕もフレームを接着しました.

kje-1610.jpg

最後は,JとKの腰です.フロントアーマーを接着し,動力パイプを取り付けました.

kje-1611.jpg

今日の作業はここまでです.続きはまた明日.

kje-134

イースター週末の第2弾.子供の頃は,トムとジェリーを見て,”イースター,おめでとう”の意味が分からなかったのですが,子供にとっては一大事のイベントですね.

さて,昨日に引き続き,部分塗装と一部組み上げを続けます.塗装が終わって,少しでも組めるのは,至福の気分が味わえますよね.と言っても,トップコート等がまだ残っていますから,ちゃんと組むことはできないんですが.

シュツルムのひざ,すねパーツです.ここは分割が優秀で,合わせ目を消す必要が無いので,塗装もしやすいのですが,ひざに何やらモールドがあるので,少しばかり部分塗装.通常はグレー系なのですが,気分を変えて,アルクラッドIIのマグネシウムを使っています.

kje-1588.jpg

同様に,大腿部の前後に貼り付けたモールドも,同色で部分塗装.

kje-1589.jpg

これは3機共通にしました.

シュツルムの首回りとJ肩基部のフィンの裏側は,ガンシップグレーで部分塗装.

kje-1590.jpg

シュツルム頭部の凹みも,ガンシップグレーで部分塗装しています.

kje-1591.jpg

前腕部ですが,内側と外についているハードポイント周囲もガンシップグレー.

kje-1592.jpg

ついでに,袖も白で塗っています.手甲もスジ彫りを入れたので,同様に部分塗装.

kje-1593.jpg

手首を組みます.

kje-1594.jpg

ここで,スミ入れしたのですが,K用のパーツが割れてしまいました.修復して,再塗装しました.

JとKの首回りにディテールアップ用のプラ板を貼り,

kje-1595.jpg

穴モールドにはスティールボールを.

kje-1596.jpg

3機共通です.JとKの胸部には,コクピットハッチを接着.

kje-1597.jpg

J肩基部のフィンですが,接続部を部分塗装して,接着しました.

kje-1598.jpg kje-1599.jpg

かなり進みましたが,まだまだ作業は終わりません.あと一息でしょうか?来週も頑張ります.

kje-132

昨日に引き続き,本日も盛りだくさんです.実は,ひたひたと迫りくる仕事の締め切りにおびえる生活をしていますので(笑),できるときにやっておこうと思っているだけなのですが....一つの締め切りは,木曜日に何とかしのぎました.しかし,月末はまた別の締め切りがあり,厳しそうです.

さて,本日は,薄い色の外装を塗装しました.最近,始めたシャドー吹きからです.

kje-1561.jpg

これは,サンドカラーにするKのパーツ.サンドカラーなので,こげ茶でシャドーを吹きました.拡大するとこんな感じです.

kje-1562.jpg

黒立ち上げとかいわゆるMAX塗りのパクリですね.ただ,黒ばっかりなのもどうかと思い,装甲の色に合わせてシャドーで吹く色を決めています.が,なかなか単純ではなく,シャドーも何度か塗り直しました.

では,サンドカラーで塗ったK用のパーツです.

kje-1563.jpg

脚部に続き,

kje-1564.jpg

腕部.そして,胸部と頭部です.

kje-1565.jpg

Jとは異なり,前掛けの部分と背中の色は同じですね.でも,腹部は濃い方の色です.同様に,Jの薄い色を吹きました.

kje-1566.jpg

頭部,前掛けそして腹部です.シャドーは,オリーブドラブに黒を加えた色で吹いています.

kje-1567.jpg

腕部に

kje-1568.jpg

脚部です.Jの緑ですが,少し濃すぎたかもしれません.設定画ではもう少し黄緑っぽい色なのですが,刷り込まれた記憶のせいで(?),この色になりました.

これで,JとKのパーツにはすべて色がついたことになります.ふくらはぎに部分塗装です.

kje-1569.jpg

出っ張りにアルクラッドIIのバーントアイアンを吹き,スラスターを固定します.

kje-1570.jpg

あのでっぱりは,スラスターの土台になってもらいました.残りのベクタードノズルは,前回塗っていたもので,ようやく接着できました.

後頭部のスラスター(?)には,HIQパーツさんのプレートを貼り付け,

kje-1571.jpg

後頭部側には,ネオジム磁石を埋め込みました.

kje-1572.jpg

これで,頭部の脱着が容易になります.

kje-1573.jpg

Jの頭部には,ツノを付けました.

kje-1574.jpg

そして,同じくJの腹部には,動力パイプの基部として,アルクラッドIIのステンレススティールで塗ったパイプを接着しておきました.

kje-1575.jpg

未塗装なのは,シュツルムの薄い青です.来週も頑張りましょう.

kje-131

ずいぶん進んだと思うこのガルスくんプロジェクトですが,いまだに終わりが見えません.塗装の方も,まだまだ残っています,特に部分塗装が.本日は,ズザっちのブースターポッドをやっつけます.

前回,部分塗装が非常に厄介なスラスターがありましたが,まだ残っていました.それはこちら.

kje-1545.jpg

正面側に付いているスラスターでしょうか(排気口)?ここも,赤の壁面にシルバーの底面,そしてその中のモールドの色を変えようとすると,結構大変なことに.少々荒いですが,何とかしました.

残りは,ブースターです.このブースターポッドには,巨大なブースターが2基,そしてそれよりも若干小さい(それでも大きい)ブースターが2基付いています.両者の内側を塗装します.

kje-1546.jpg kje-1547.jpg

実は,数層に分けて塗っています.グロスブラックで下地を塗装後,アルクラッドIIのホワイトアルミナムで塗装し,中央部をマスキング.その後,同じくアルクラッドIIのホッとメタルレッドで,塗装しました.このホッとメタルという色は,アルマイト処理されたアルミ表面の色みたいになるようです.メタルパーツっぽくなってますか?右のブースターには,つぶし玉を付けています.さらに,JとKのバックパック用のブースターも,同じ手順で内側を塗装しました.

kje-1548.jpg kje-1549.jpg

左の2基は,バックパック中央のブースターで,右のブースターは左右のもの.計4基あります.内側の塗装は同様に3層です.外側は,こんな風になっています.

kje-1550.jpg

実は結構手が込んでいて,グロスブラックの下地に,アルクラッドIIのスティールを塗り,外側(写真の上側)をアルクラッドIIのトランスパレントイエローで,機体側(写真の下側)をアルクラッドIIのホットメタルブルーで塗装しました.さらに,外側ギリギリの部分は,同じくアルクラッドIIのホットメタルセピアで,取り付け部ギリギリの部分は,ホットメタルバイオレットで若干グラデーションが出るようにしました.写真が暗いので分かりにくいかもしれませんね.

それでは,ブースターポッド本体に取り付けます.ブースターを取り付ける前に,ブースター中央部となる部分につぶし玉を取り付け,

kje-1551.jpg

まずは中型のブースターを接着.

kje-1552.jpg

そして,大型ブースターも接着.

kje-1553.jpg

これでようやくブースターポッドの塗装が終わりました.組むのはまだお預けです.

JとKのバックパックにも,ブースターを接着しました.

kje-1554.jpg

せっかくメタリック系の色を塗装したので,もう少し攻めてみました.

kje-1555.jpg kje-1556.jpg

Kの肩についているスパイクと,シュツルムのスパイクシールド用のスパイクです.こちらも多相塗りです.スパイクは,使用後(どついた後)には,取り替えて使用するはずなので,いちいち塗装せずに,本来の地金のまま使用しているのでは?と考え,チタン系のガンダリウム合金っぽくしました.グロスブラックで下地をつくり,アルクラッドIIのゴールドタイタニウムで塗装したのち,基部側にトランスパレントイエローを吹いています.先っぽは,下地のグロスブラックが残るようにしました.さて,地金っぽくなりましたでしょうか?少しきれいすぎますかね?

本日の塗装はここまでですが,これまでいくつかのパーツの塗装は済んでおり,組める部分がちょくちょくあります.最後に,シュツルムの腰に前後の装甲を取り付け,動力パイプを組んでみました.

kje-1557.jpg

何度も仮組はしたのですが,動力パイプをすべて取り付けて試したわけではないので,この形状は初めてです.前後はこんな感じ.

kje-1559.jpg kje-1558.jpg

そして,一番気にしていたのが,側面から見たときの,動力パイプの曲がり具合です.こんな感じになっています.

kje-1560.jpg

直線ではなく,上に湾曲しながら曲がっている形状になりました.サイドアーマーを取り付けるときに,ここがどうして浮かないと様にならないのですが,ある程度,理想通りの形状になりました.パイプをもう一つ追加しておけば,なおよかったかもしれません.が,この部分の取り付けは,かなりの曲芸だったので,これがいっぱいいっぱいでした.

今日はずいぶんと進みましたね.明日は,さらに塗装を進めます.

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ