プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ

kje-143 復活のガルスくん

長かった沈黙を破り,ついにガルスくん製作記の復活です.理由は,昨日の記事に書いた通り,白のマーキング.そして,筋道が定まったとあれば,心を決める.後は,突き進むのみです.

と言ってしまえば,一言ですが,ここからが長かった.要は,ドローイング系のソフトが必要となるのですが,本命のイラストレーターは,今一つ使いこなせずに,結局ライセンスの更新を諦めました.その代わりとして使用していたフリーハンドという今は亡きマクロメディアのソフトは,個人的には相性が良く,愛用していたのですが,そのマクロメディアがアドビに買収されてからは,販売が打ち切られてしまいました.ライバル製品をつぶすために,その会社自体を買収するという最終手段を用いる方法は,何度も目の当たりにしてきましたが,あまり気持ちのいいものではありませんね.またしても,アドビですよ.また,私の前に立ちはだかるか,アドビ!フォトショップは使っていますが.

さて,ドローイング系のソフトです.できるだけ安価に済ませたいと思っていたので,ダメもとで,Inkscapeというフリーのソフトを使うことにしました.やはりベクタードローイング系でないと,拡大・縮小に難がありますからね.以前から,MayuraDrawというソフトも使っていますが,今回はInkscapeに集中.そして,パスと曲線の機能に翻弄されながらも,こんなものを準備しました.

kje-1704_2017081603472694b.jpg

昨日紹介したReprographxに注文できる最小サイズが,5x8インチ(レターサイズの半分,はがきサイズよりもちょっと大きい程度)ですから,その大きさを埋めるためにあれこれと付け足す羽目になり,結局,注文できたのは,サンプルを確認してからほぼ一月後の7月後半.これ,ネタバレ全開ですね.次の次のさらのその次の次以上まで,作りたいキットのマーキングをせっせと自作していました.なお,ジオン系のフォントは,これまでいろいろな説があったのですが(要はそれほど明確化されていなかったようで....),今回の一連のオリジン系キットに付属するマーキングから,それらがよく知られているステンシルをベースにしていることが分かりました(どこかで調べたわけではなく,自力で確認したので,間違っているかもしれませんから,ここでの公表は避けておきます).もっとも,そのフォントはWindows標準ではありませんから,どこからか入手しないといけませんし(私は別件で購入済み),使用するにあたっては,若干の修正が必要となります.連邦系に使われているフォントも必要でしたが,これはすでにいろいろな方が判別していらっしゃいますね(そのフォントも購入済み).連邦系とは,ガンキャノンに使うナンバーですが,これを注文した翌日,オリジンガンキャノン用のデカール販売が10月に販売されるとの報を耳にしました(爆).鉄機兵団の甲冑のマークをトレースするのに,軽い地獄を見た後だけに,その報は嬉しさ半面・悲しさ半面の複雑な心境でした.一番いいのは,そういったデカールが販売されることですから,喜ぶべきことなんですが(笑).

見慣れないマーキングは秘密です.あれやこれや,いろいろ混ざってます.

ちなみに,マーキングを囲んでいる黄色い枠は,Reprographxからダウンロードしたサイズのテンプレートです.その内側であれば,問題なく印刷できるとのことです.さて,マーキングで埋め尽くしたファイルは,いったんpdfに落とします.

kje-1705_20170816034724403.jpg

意地が悪いので,サンプルを貼り付けさせていただきました.もっとも解像度が十分ではないでしょうから,これを使うと超劣化したものしかできないでしょうが.これを,webを介し送ることで注文は完了です.夏は非常に忙しいので,最も安価な20daysという納期を選ぶと,費用は$20.私の場合,同じ国内ですから,送料は最安だと思いますが,それでも,$19でしたから,結構な出費です.でも,これで私がすることは完了.後は20日待つだけのはずだったのですが,なぜか10日ぐらいでできてしまいました.休日を挟むとたったの2週間ぐらい!到着したのは,こんなものです.

kje-1706.jpg

1枚しか注文していないのに,なぜか2枚(追加請求はありません).しかも,サイズが若干長く,上の段にいくつか苦労したマークが余計に配置されているではありませんか!確かに,鉄機兵段のマークは苦労しましたし,誠の文字はもっと地獄を見ていましたから,嬉しいおまけと受け取ることにしました.

後は,私にとっては,うん十年ぶりにインレタをこすりつけるのみ.MGを作っている人は,いつもの作業かもしれませんね.

kje-1709.jpg

カッコイイ!オリジンのマーキングを参考にしています.絶対に判別できない数字の下に配置した文字列もガルスと残党軍っぽくアレンジ.ネオジオンの機体ですが,残党軍は元のジオンマークを使うはずですよね.頭部の側面にも数字を.

kje-1711.jpg

これですよ,これ!白のナンバーしかも使いたかったフォント.シュツルムも同様に,頭部側面にナンバーを配置.

kje-1710.jpg

数字から分かると思いますが,あの人の影響を受けている人がパイロットのはず.あの戦い方と機体の色を考えると,そこにしか行き着きません.ズザっちのブースターにもナンバーを.

kje-1712.jpg

どちらかというと,航空機のような扱いにしました.あくまでもズザっちの付属という意味で,102は必須です.でも,シュツルムのパイロットが奪っていったので,彼の数字も.

kje-1713.jpg

他にもいろいろな場所にナンバーを配置しています.後は,定着のために,もう一度,トップコートが必要ですね.その辺の作業はまた来週.いよいよ終わりが見えてきました.
スポンサーサイト

kje-142

昨日の記事にも書いた通り,今回の記事でガルスくん製作は一時休止です.こう書くと,”続きは映画で”みたいなドラマやアニメの最終回みたいですが(爆),絶対に終わらせますから,気長にお待ちください.それに至るまでには,いわゆる人柱計画も含まれていますから,それこそ”まだ終わらんよ”です.

さて,残りのパーツ(まだ残ってる!)のデカールワークとトップコートです.

シュツルムガルスのシールドです.これも複雑な構成ですから,パーツが多い.

kje-1686.jpg

後のナンバーリングを残して,いかにもなデカール配置です.たまたま購入したガンダムエースに,このシュツルムガルスのマンガがあり,パイロットはビランチャ中尉であることが分かりました.そこで,中尉の階級章を貼っています.機体番号もいかにもというアイデアがあるので,もう少しお待ちください.

残りのシールドパーツです.

kje-1687.jpg kje-1688.jpg

こちらもいかにもなスキマが(笑).二組でいいはずですが,四組あるのは組み換えをしたくなかったからです.もっとも,シュツルムのキットを三つ使用しているからできる業ですが.

チェーンマインです.

kje-1689.jpg

一組はできていましたが,残りの二組も終了です.一つはそのうち作る(かもしれない)ケンプファー用で,もう一つは予備なので,この人生で二度とチェーンマインを作ることはないでしょう.これだけ作ると精神が相当鍛えられます(笑).

後は腰回りのアーマーが残っていました.
シュツルム用です.

kje-1690.jpg

やはり,尻にはジオンマーク.この色の機体には,必須です(笑).

J用です.

kje-1691.jpg

K用です.全く同じマーキングですね.

kje-1692.jpg

これでようやくすべてのパーツのトップコートが終わりました.機体番号を無事に貼ることが出きれま,一部のパーツにはトップコートが必要ですが,現時点では一段落です.

次のステップは,当然,組み上げ.でも,まだ未完成なので,最後までは組んでいません.

それでは,半完成ショーですwww

半完成シュツルムガルス.

kje-1693.jpg

少々関節の位置等をいじってはいますが,キット自体の全高はほぼ変わっていません.これって,ジオン系の体躯ではないですよね.とてつもなくヒーロー体系です(笑).

お次は,ガルスJ.

kje-1694.jpg

腰の右サイドアーマーは,機体番号を貼り付けまでお預けです.ガルスの体格になっているでしょうか?

そして,ガルスK.

kje-1695.jpg

サイドアーマーが片側無いだけで,バランスがずいぶんとヘンですが,Kに関しては,武装フル装備です.ガゾウムキャノンだけでなく,ビッグガンもこの通り.

kje-1695c.jpg

3体そろって,首なしガルス小隊.

kje-1696.jpg

体格の違いが出てますね.目的は違えど,こうやって比較するとシュツルムのスパルタンさが強調されます.この特殊改造,ガルスでやる必要はあったのでしょうか(もっと適した機体はあるような気がします > 笑)?きっと,パイロットであるビランチャ中尉の意向なんでしょうね.

それからもう一つ.ズザっちのブースターポッドです.別の角度の画像です.

kje-1700.jpg kje-1701.jpg kje-1702.jpg

こうしてみるとそうでもないんですが,これとてつもなくデカいんです.装備する予定のシュツルムと比較してみましょう.

kje-1703.jpg

こんなの付けたら,フルアーマーガルスですよね.これがあったために,3機製作が3.5機に増えた気がします.

さて,長かったガルスくんの製作記は,機体番号を残して,とりあえずここまでとします.後3-5回はやる予定ですが.

今回は頭部がありませんでしたが,あまりのヒーロー体型なので,少し遊んでみました.同じキャノンつながりで

kje-1697.jpg

アメフトの選手みたい.

Jは,

kje-1698.jpg

ラファエルの頭部自体,悪魔じみていますが,悪いZZみたいです.シュツルムは,

kje-1699.jpg

ちゃんとしたガンダムヘッドなら,主役の周りにいるガンダムにはなれそうです.借り物のヘッドパーツは,老いてるだけで,きちんと差し込んでいないので,角度がへんですが,お遊びには十分ですよね.

夏ぐらいには完成させたいです.それではまた来週.

kje-141

週末になりました.これまで通り,本日も今週のガルスくんです.いつもと少し違うのは,今日と明日の記事をもって,ガルスくん製作は,一時休止にします.理由は,先日の記事にいただいたコメントへの返信にも書きましたが,せっかくなら機体番号も入れたくなりました(というよりも,最初から決めていたんですが).機体番号は,やはりジオン系のフォントがいいのですが,そうなるとどうしても自作する必要が出てきます.機体色を考えると,白がベストなんですが,白のデカールを自作するのは現在の私の環境では,不可能です.薄いグレーで出力したデカールで試してみたのですが,全くダメでした.この点はもう少し追及する価値があると思うので,この夏その可能性を試してみたいと思います.ここまで来ているので,必ず完成させますから,もう少し待ってください.また,何かよさそうなアイデアがありましたら,ご教授いただけるとありがたいです.

それでは,製作記に移ります.

まずは,すね・ふくらはぎ部にトップコート.

kje-1670.jpg

大腿部・つま先とともに,合体.

kje-1671.jpg

シュツルムガルスの脚部完成です.さらに,合体.

kje-1672.jpg

ガルスJです.さらにまた,合体.

kje-1673.jpg

ガルスKです.

今度は,JとKのバックパックです.

kje-1674.jpg kje-1675.jpg

組み上げます.

kje-1676.jpg

これで,バックパックも完成です.

次は,腰.シュツルムから.

kje-1677.jpg

そして,合体.

kje-1678.jpg

Jの腰です.

kje-1679.jpg

こちらも合体.

kje-1680.jpg

動力パイプが脇腹につながりますが,ここはかなりタイト.ほぼ,腰は回りません.

Kの腰です.

kje-1681.jpg

同様に合体.

kje-1682.jpg

さらに進めます.KとJの肩です.

kje-1683.jpg

肩基部と合体.

kje-1684.jpg kje-1685.jpg

かなり進みましたが,まだまだ残ってます.続きはまた明日.

kje-140

後1,2回でガルスくんの記事をお休みすると書きましたが,今回を含め,もう3回ほど引っ張れそうです.もちろん,後3回で終了という訳ではありません.手持ちの道具ではどうしてもできないことがあり,経済的な理由で(汗)それが入手できないだけです.夏には何とかしたいとは思っていますが(笑).

さて,マーキング&トップコートはまだまだ続きます.これまでも何度も書いてきましたが,やはり3機というのは多いですよね.
本日は,武装系です.J用の武装から.

kje-1656.jpg

K用もあります.

kje-1657.jpg

いくつかのコーションは,マスターアーカイブのザク本を参考にしたのですが,少しオーバースケールだったでしょうか.Kがキャノンたるガゾウムのキャノンも.

kje-1658.jpg

トップコートが終わったので,センサー類を取り付けます.

kje-1659.jpg

このセンサーは,ジオンらしくない形状ですが,緑のラピーテープの上から,OHPの透明フィルムを貼りました.貼り付けに失敗していますね.本命はマラサイビ-ムライフルですから,これでいいことにします.そのマラサイビームライフルですが,

kje-1660.jpg

元は連邦系ということで,緑のセンサーにしました.ビームキャノンのセンサーは,

kje-1661.jpg

J用ミサイルのセンサーと同じく,赤ベースのセンサーとしています.緑がかったホログラム系のレンズなので,赤っぽくはないですね.そして組み上げます.

kje-1662.jpg

シュツルム用のチェーンマインも,トップコート.

kje-1663.jpg

では,本日のメイン.ズザっちのブースターポッドです.まずは本体のトップコートから.

kje-1664.jpg

すさまじくデカいですね.これだけで,MS1機分相当,というか立派なMAです.必要なパーツのトップコートも行いました.

メインブースターのカバーです.

kje-1665.jpg

ミサイルポッド(小)

kje-1666.jpg

と大.

kje-1667.jpg

その背後にあるスラスター.

kje-1668.jpg

これらを取り付けて,

kje-1669.jpg

ブースターポッドが,ほぼ出来上がりました.本日はここまでです.

kje-139

本日からまた出張です.出発が午後だったので,少しだけ作業しておきました.帰ってくるのも次の週末なので,ほとんど作業はできないと思います.ガルスくん記事のお休みまで,あと2,3回は,何かしら書けそうですから,できるだけ記事にしてみたいと思います.

さて,前回からようやくマーキングと最終トップコートに移りました.今日の記事はその続きです.

まずは胸部.

kje-1647.jpg

つやを合わせたので,ようやく見える形になりましたね.そして足首です.

kje-1648.jpg

正直,デカくて重い.トップコート中,持ち手から落ちそうで怖かったです.マーキングは,側面も行っています.

kje-1649.jpg

なお,中央のシュツルム用足首は,軽量化のための装甲穴を随所に開けています.気が付きますか?

ついでにこんなものもトップコート.

kje-1650.jpg

トップコート後,キラキラストーンで,レンズ部を再現しています.あと,2体のチェーンマインが残っています.

Jの肩基部です.

kje-1651.jpg

トップコート後に組み上げ,オリジナルで追加した照準センサー部をレンズ状に.

kje-1652.jpg

それから,初の試みとして,自作デカールにチャレンジしてみました.

kje-1653.jpg

これらを貼り付けて,肩基部完成です.

kje-1654.jpg

K用のバックパックには,動力パイプの基部を取り付けておきました.

kje-1655.jpg

本日の作業は以上です.塗装の持ち手用台は,本日は4台使用しました.

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ