プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ

76GC01-08

昨日に引き続き,本日もガンキャノン.昨日は,白パーツの塗装を行いましたが,本日はその部分塗装から.まずは,頭.

76-01-77.jpg

内側の塗装です.マスキングを必死に行い,まずは今回のフレームカラーであるガンシップグレーを吹き,ツインアイっぽい中段両端のモールドをアルクラッドIIのクロムでギラギラ塗装.ギラギラ塗装の前に,グロスブラックを下地として吹いていますから,三層塗装ですね.これだけでも結構時間を要します.当初は,中段のモールドではなく,その上下のガンダムアイっぽいモールドを四ツ目状態にしようと思ったのですが,ひさしを付けると,中段しか見えなくなるので,ツインアイにしました.これで,ゴーグルを被せても,コントラストがついた感じになっていると思います.

お次はシールドの裏.

76-01-78.jpg

ここはガンシップグレー1色でいいのですが,嫌がらせのように付いている金型のピン跡が気になりました.ちゃんと埋めるのが本来の作法なのですが,あまりに多いし,かなり入り組んでいるし,さらにシールドの正面パーツ用のピン穴もたくさんあるので,このまま残すことにしました.しかし,それではあんまりだったので,アルクラッドIIのマグネシウムという色を拭き,ピンを円でマスクして,ガンシップグレーを吹いています.

同じ部分塗装にアルクラッドIIの塗料を使用しましたが,頭部はグレーの後にアルクラッド,シールドはアルクラッドの後にグレーと順番を逆にしています.其れは,アルクラッドIIの通常のメタリックカラーは,被膜がそこそこ強く,マスキングにも耐えてくれますが,クロムのようなミラー系の色だと,マスキングには耐えきれません.

さて,これで白パーツも終了です.そしていよいよ,橙パーツに移ります.メインの色ですから,パーツも多く,一気には終わらせられませんから,部位ごとに進めていきます.

今回は,胴体です.まずは側面のバーニアを開口.

76-01-79.jpg

バックパック側面のバーニアも,同様に開口.

76-01-80.jpg

バックパックについているフックは,そのままだと表面処理が面倒だったので,

76-01-81.jpg

あっさり切断.バックパック側は,表面処理後に,開口,裏うち.

76-01-82.jpg

フックよりも若干径が太いつぶし玉を使います.

76-01-83.jpg

このおかげで,切断したことで短くなったフックも接着シロが稼げます.フックも,

76-01-84.jpg

心中線を埋め込んでいます.フォーカスが合っていませんね.すみません.

さて,他の部位と同様,胴体も非常にいい出来です.何度も書いていますが,オリジンのガンキャノンは神キットですから,このままでも何も問題ないと思います.ただ,唯一,いじりたくなったのがここ.

76-01-85.jpg

腹部です.腰の可動のためでしょうか,キットでは2段バラの下側が設定画に比べて短い気がしました.リバイブのガンキャノンと比べるとその差がよく分かります.今回は,1.5㎜だけ延長しました.今回,アウトラインをいじるのはココだけです.

後は,モールドを掘り直し,ひたすら表面処理.

76-01-86.jpg

胴体パーツの表面処理が終わりました.面が多くて大変です.プラ板で延長した腹部だけは,確認のためにサフを吹いておきました.

76-01-87.jpg

次は腰ですかね.胴体も,少し気になるところがあるので,ディテールアップするかもしれません.

ここまで,私では考えられないスピードで進んできましたが,それも今回までです.来週は出張で,帰りは2週間後.次の製作記は7月になってからですね.それではまた~.
スポンサーサイト

76GC01-07

時間に少し余裕ができると思っていたのですが,なかなかそうならず週末になってしまいました.週末ぐらいは,それを少し脇に置いておいて,模型製作したいと思っています.まだ,それに時間を割くことができるというのは,まだ余裕があるということなのでしょうか.

ガンキャノンは,白いパーツに取りかかっていました.本日もその続きです.まずは特徴的な胸のダクトから.

76-01-66.jpg

まずは,リンクさせていただいているgyoさんも行われたように,ダクトフィンの縁をシャープに.上の写真では,右側をシャープにしています.次に,ダクトの先端を切断しました.

76-01-67.jpg

最初は,後ハメ化のためでしたが,胴体側面は合わせ目を消すのではなく,段落ちで処理しようと考え直したので,無意味な工作になりかけました(笑),しかし,後ハメ化ではなく,もう一つの目的がありました.それがこれ.

76-01-68.jpg

キットのままでは,ダクトの縁が少し出っ張った感じだったのですが,一度切断して,長さを若干調節してみました.これで少し,くぼんだ感じになったと思います.ここでお遊びですが,この切り出したダクトを逆に取り付けると,

76-01-69.jpg

分かりますかね?分かる人には分かりますよね.あれが再現できそうですよ(笑).108号機といい,これといい,自制しないといけませんね.いけないあの気持ちがふつふつとしてきました.

ともあれ,切り出したダクト先端は,

76-01-70.jpg

プラ板を付けてシロにしました.これがガイドになって,ダクトがはめやすくなります.

白いパーツの最後は,これです.

76-01-71.jpg

頭部です.ガンキャノン試験型は,機動試験用と火力試験用の2タイプとがあり,それぞれで頭部が異なります.せっかくなのでどちらも作ってみます.今回の製作は,できるだけキットのままですが,頭部のバルカンはHIQパーツさんの金属パーツを埋め込むことに.そして火力試験型の頭部の丸型センサーも,モノアイ用のメタルパーツを取り付けることにしました.

バルカンは,それ以上押し込めないように,プラ板を貼り付けておきました.

76-01-72.jpg

そして,接着して合わせ目を消しました.

76-01-73.jpg

Vアンテナも安全対策のフラッグを取り,シャープにしました.

ひさしも表面処理しておきました.

76-01-74.jpg

加工が終わったので,白パーツの塗装に移ります.まずは,下地としてダークグレーをエッジに吹きつけました.

76-01-75.jpg

黒立ち上げならず,灰立ち上げです.

そして,少しグレーがエッジに残る感じで白を塗装しました.

76-01-76.jpg

べたにならないように,少しだけエッジを残すように,そして厚化粧のようにくどくならないように,ほんのりエッジを残しました.部分塗装は必要ですが,白のパーツもほぼ終了です.続きはまた明日.

76GC01-06

昨日に引き続き,本日もガンキャノンを進めます.

昨日作製したひざ裏の追加パーツですが,組み込んでクリアランスを確認したところ,干渉してひざが曲がらなくなっていました.少し調整しました.

76-01-55.jpg

下部側の追加パーツを調整しています.これでひざ関節も終了.お次は,キャノンのシリンダーパーツを部分塗装します.

76-01-56.jpg

シリンダーだけに,ここはペイルゴールドをシリンダーのカバーに,オレオ部分はクロムで塗装しました.いずれもアルクラッドです.そして,組み込み.

76-01-57.jpg

さらに砲身を装着.

76-01-58.jpg

少しポリキャップが目立ちますね.砲身の一部はスティールで塗っていますが,もう少し範囲を広くしたくなりました.さらに追加塗装をしました.

76-01-59.jpg

バーニアも同色で塗りました.ポリキャップの端が気になるので,前回カッパーで塗っておいたマルイチパーツを装着します.

76-01-60.jpg

これで火器類は完成です.お次は足裏ですが,前回,ブースター部等を開口していますから,内側が丸見えです.内側もスチールで塗っておきます.

76-01-61.jpg


そうそう,肝心の足裏ですが,部分塗装を繰り返し,ここまで来ていました.

76-01-62.jpg

足裏の塗装は,関節と同じく,ガンシップグレーベースですが,ガンメタルとニュートラルグレーで部分塗装を行い,一段下がったバーニア部は,必死でマスキングしてからの部分塗装です.内側からホワイトアルミナム,ホットメタルレッドでキャンディ塗装,そしてその外側をスティールにしました.さらに,下側4か所の開口部には,コトブキヤさんのお助けパーツのマイナスモールドをガンメタルで塗装してふさいでいます.

76-01-63.jpg

これで関節部は部分塗装も含め終わりです.お次は,白のパーツにでも移りましょう.今回は,スジを掘りなおして,表面処理をしただけです.足首関係です.

76-01-64.jpg

そしてシールド.

76-01-65.jpg

ここで,タイムアップ.白のパーツはまだ残っているので,来週はそれからですね.

76GC01-05

今週はかなり過酷な1週間でしたが,それを癒す意味での模型製作です.そのお相手は,これまでとは異なり,かなり速いペースで進んでいるガンキャノンです.本日も一気に進めるところまで進みます.

前回は関節パーツを一気に塗装しましたが,当然部分塗装が必要です.そのついでに,同色を一度に吹きたくて,武装系も必要なものは接着し,合わせ目を消しておきました.それ以外のパーツは,表面処理を済ませました.そして,一気に塗装です.

76-01-43.jpg

2色目は,ガンメタルです.こちらは,ヤシマ製のマシンガンとのちの一般仕様機で使われることになるマシンガンです.後者はこのテストベットでは必要はないのですが,説明書をちゃんと読まずに組んでしまいました(笑).合わせ目を消すのは大変でしたよ.もちろん,ガンメタルは個々だけではすみません.こちらも.

76-01-44.jpg

火力試験型用のキャノンパーツの一部です.さらにその砲身や本体も同様にガンメタルで塗装しました.

76-01-45.jpg

なお,一部のパーツはアルクラッドのホワイトアルミナムとスティールで部分塗装も行っています.元々は,関節パーツの部分塗装のために,ガンメタルを塗装したのですが,さらに部分塗装って,ミイラ取りがミイラになった感覚ですね(爆).こちらも,キャノンに使用するパーツですが,ホワイとアルミナムで部分塗装です.

76-01-46.jpg

関節パーツの部分塗装では,次の色も使用しています.

76-01-47.jpg

カッパーです.これは,キャノンに使用予定のマルイチパーツ.コトブキヤさんのお助けパーツですね.これは部分塗装のついでですが,このカッパー塗装の本命はこちらです.

76-01-48.jpg

ひじ関節の一部をこの色で塗装しました.カッパーは,あまりにも独特なメタリック色なので,コテコテしすぎている感があり,これまで避けていましたが,RG系のキットの関節には多用されているようなので,連邦系の機体であることを考慮して,使ってみました.ひざ関節にも使っています.

76-01-49.jpg

あぁ,これでどこにガンメタルを使ったのかもわかりますね.この部分はひざ裏ですが,ずいぶんと賑やかになりました.でも,まだまだ続きます.部分塗装用の次の色はこちら.

76-01-50.jpg

ひじ関節パーツの一つです.アルクラッドのペイルバーントメタルというチタンよりの色です.他にも,すねフレームでチラ見する動力パイプをこの色で塗っています.

76-01-51.jpg

さらに,謎のこのパーツも.

76-01-52.jpg

これを,前回ガンシップグレーで塗っておいた自作パーツと合わせます.

76-01-53.jpg

このチップのようなパーツと,同じく前回吹いておいたパーツを合わせて,ひざ裏完成です.

76-01-54.jpg

ひざ関節,丸見えの裏側ですが,これでずいぶんと派手になりました.部分塗装はまだまだ続きます.それはまた明日.

76GC01-04

ガンキャン製作,続きです.今日は,少しだけディテールアップのための布石となる作業が中心ですから,昨日に引き続き,地味な作業が続きます.

まずは足裏から.

76-01-33.jpg

バーニアの中心と円形モールドを開口.さらに,

76-01-34.jpg

火力試験型の腕に装着されているマシンガンを開口.

銃口だけでなく,側面の穴も同様に開口.

76-01-35.jpg

昨日の記事で薄く削っておいたひじ関節の裏側にプラ板を貼り,ディテールアップ.

76-01-36.jpg

首裏のニクヌキをプラ板でカバーしつつ,ディテールアップ.

76-01-37.jpg

首回りも同様にスジ彫りとプラ板でディテールアップ.

76-01-38.jpg

関節系の前処理が終わったので,合わせ目を消したパーツだけ,サフを吹いておきました.

76-01-39.jpg

そして,一気に関節パーツを塗装してしまいます.腕部です.

76-01-40.jpg

それ以外です.

76-01-41.jpg

さらにひざ関節裏のディテールアップ用にプラ板で自作しておいたパーツも同様に塗装します.

76-01-42.jpg

なお,関節系の塗装は,ガンシップグレーにしました.4回目でもう塗装ですよ.いつもとは違う順序で作っていますが,このペース,かなり早いと思います.続きはまた来週.

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ