FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ

77GC-47 腰部 その3

連投です.本日もリアアーマー.昨日とは異なり,今回は1機体分のみ.製作は他の4機とほぼ同時だったので,画像は前後しますが,謎の機体のリアアーマーに特化した製作記にしてみました.

オリジンキットのリアアーマーパーツから,モールドを除去したところまでは一緒です.謎の機体は,さらに股間の部分を除去しました.

77-537.jpg

左のパーツがそうです.股間の部分がさらに1段下がっています.ここに謎の機体固有おモールドを再現するために,分割したプラ板を貼り付けます.

77-538.jpg

側面には,UV硬化樹脂を流し込み,直線的な形状に変更しました.

77-539.jpg

画像は,樹脂を流し込んで整形した後の状態です.この機体のリアアーマーには,陥没した三角形のモールドがあるのですが,それを再現するために,サイズに合わせて切り出したプラ板に,3点,開口しました.

77-540.jpg

その穴がコーナーになるように切り出すと,

77-541.jpg

角が出ていない三角形ができます.このプラ板をリアアーマーに貼り付けて,

77-542.jpg

モールドを再現.整形しました.

77-543.jpg

さらにヒンジに相当する部分もプラ材から再現.

77-544.jpg

赤丸で囲んでいる部分にはまっているパーツです.色が異なるので,塗装後に接着する予定です.さらに,プラ材を削りだし,こんなパーツを作製しました.

77-545.jpg

これは,中央部につきます.

77-546.jpg

すべてまとめて,

77-547.jpg

最後にサフを吹いて表面状態の確認をします.

77-548.jpg

これで5機分のリアアーマーができました.次はサイドアーマーですかね?続きはまた来週.

スポンサーサイト

77GC-46 腰部 その2

先週は,仕事の都合でブログの更新をさぼりました.サボったからと言って,仕事がはかどったかどうかは別の問題ですよね(汗).もうあと少しのところまで来ています.ここで,少し現実逃避.サボる前の貯金に少しの作業を加えて,今週末分の製作記を書きたいと思います.

77系ガンキャノンの腰部の続きです.前回は,股間のパーツとフロントアーマーを3体分作っていました.サフを吹いて,確認します.

77-525.jpg

5体分ですが,両端のパーツは形状変更しています.ここから先は,こんなのばっかりですね.似ているようで違うものを作ることは,模型製作の醍醐味ですが,量が量だけにタイヘンです.3体分のフロントアーマーです.

77-526.jpg

ガンキャノン特有の2本線モールドはスジ彫りです.まぁ,見られる程度にはなったでしょうか.この3パーツは,形状が同じなのでいいのですが,残りの2体は,要変更.そのうちやろうと思います.本日は,リアアーマーに移ります.

ガンキャノンのリアアーマーは,とてもシンプルなもの.一方で,オリジンの76系ガンキャノンのリアアーマーは,モールドが大量に入っています.そこで,そのモールドを除去することから始めます.この作業は5体共通ですので,5回の繰り返しですね.

まずは,中央の出っ張りの股間部を斜めに除去します.

77-527.jpg

中身が見えますね.次に左右の出っ張り,ガンダムで言うヘリウムコア(76系ガンキャノンは,きっとヘリウムは入っていないでしょうけど)も,除去.

77-528.jpg

最後に中央の出っ張りを除去します.

77-529.jpg

その際に欠落したリアアーマーの一部を作り直しています.

77-531.jpg

ここからは4機分の作業です.残りの1機は,根本的に形状が異なるので別作業で,明日の製作記でまとめます.モールドを除去したため,隙間だらけですから,プラ板で埋めていきます.まずは中央から.

77-530.jpg

そして,その両側にもプラ板を貼ります.

77-532.jpg

側面にあるC面は整形に邪魔なので,プラ板を貼ってC面も除去します.

77-533.jpg

後はひたすら表面処理.

77-534.jpg

シンプルなリアアーマーになりました.ただし,ツライチではなく,左右で若干テーパーを付けています.次にプラ板を加工して,

77-535.jpg

こんなものを作りました.これをリアアーマーに貼り付けます.

77-536.jpg

4体のはずがなぜか5体分ありますが,形状が大きく異なる左下のパーツは,明日の製作記に書く予定です.右下のパーツは,108号機のもので,上段の3体は,重装系とII型用です.

明日もプラ板を使っての形状変更がメインです.


77GC-45 腰部 その1

76系に続き,77系でも腰部に移ります.実は,77系の前回の記事は,キャノンその1になっていました.当然,その2もあるのですが,まだ手を付けていないので,しばらく保留です.

76系で腰をいじったので,その流れで77系も腰をいじります.

まずは,フロントの中央部から.

77-512.jpg

76系のフロントパーツは,そのままでもいいのですが,少しディテールを変更したかったので,モールドの一部を埋めるために,プラ板を刺しておきます.また,スジ彫りも入れておきます.整形して,

77-513.jpg

出来上がりです.ちなみに,正面と下面の比率を変えるため,最初の画像に下書きした線の部分まで削って,下面を広げます.

これは,108号機,重装型,重装D型です.しかし,まだ二つ残っています.それらは,プラ板を足して,形状を変更します.

77-514.jpg

整形して,こういう概形にします.

77-515.jpg

さらに,正面にプラ板を貼り,

77-516.jpg

整形します.

77-517.jpg

左がガンキャノンII,右が謎の機体です.

次に股間部ですが,これはそのままで,スジ彫りを足しただけです.

77-518.jpg

やはり,同じことを5回繰り返すのはしんどいですね.

さて,まだ続けます.次は,フロントアーマー.これも108号機と重装の二つ.

77-519.jpg

特徴的な2本線のスジ彫りを入れました.結構勇気が必要なスジ彫りでした.さらに,オリジンキットについている円形のモールを埋めました.

77-520.jpg

整形後,フロントアーマーを切断し,

77-521.jpg

真鍮線を介して再接続.

77-522.jpg

残りの二つは,内側の膨らみを切断します.

77-523.jpg

こちらの方も,フロントアーマーを分断し,再接続します.

77-524.jpg

こちらは,さらに作業が必要ですが,ここで今回は時間切れ.続きはまた来週と言いたいのですが,来週は本職が忙しいので,製作記はお休みです.それではまた.

76GC-22 スカートの裏の攻防 後編

いつの間にかもう9月.この夏は,出張が重なっていたため,模型の方の進展は今一つ.秋はゆっくり模型にといきたいところですが,なかなかそういう状況にはなれそうではないです.今後も時間が取れるときに,作っていくという相変わらずのペースをキープするのが精一杯のようです.

さて,ようやくの後編です.スカートの裏,10体分ですから,作業量が多く,やってもやっても終わらない状態です.

前回は,装甲裏に貼り付けるパネルを作り,一部は(サイドスカートの裏)整形まで終わっていました.一方で,リアスカートの方は作っただけで,未整形でした.そこで,ひたすら表面処理を行い,整形です.
76-218.jpg 76-219.jpg

正直,いくらやっても,面白くない記事にしかなりませんね.作業量は相当なものなのですが....また,リアスカートに追加したプラ板も,表面処理を行い,合わせ目を消しておきました.こちらも,作業量の割には内容がありません.

76-220.jpg

整形後のリアパネルを組み込んでみます.

76-221.jpg

悪くはなさそうですが,赤丸で示したように,隙間が目立ちます.そこで,リアパネルの側面にプラ板を貼り付け,

76-222.jpg

かさを上げます.

76-223.jpg

スキマも無くなり,ぴったりフィットになりました.

次に,サイドアーマー再びです.底上げが不十分だったので,さらに0..5㎜厚のプラ板を貼り付けました.

76-224.jpg

おかげで,裏パネルを組み込んでも,厚みがある感じになりました.

76-225.jpg

前のパーツは,更なる底上げをしたもので,後ろのは前の状態のものです.言われないと分からない部位ですので,完全に自己満足の世界ですね.

そのサイドアーマーですが,取り付け用のポリキャップが組み立て後も丸見えです.そのため,パーティングラインだけは表面処理でならしておきました.

76-226.jpg

削りにくいPE製のポリキャップ20個の表面処理は,決して楽な作業ではありません.

これで,スカートの裏関係の作業はおしまいです.フロントスカートは,見えないので,いやクリアランスが足りないので,そのままにしておきます.しかし,左右の分割だけはやっておきましょう.

76-227.jpg

分割後,その断面に1㎜径の穴をあけ,真鍮線を通しておきます.

76-228.jpg

これで,76系の腰部はようやくおしまいです.後は,四肢を残すのみ(まだ,四肢が残っているというべきでしょうね).次回は,77系の腰に移ります.

76GC-21 スカートの裏の攻防 中編

昨日の記事で,続くとは書きましたが,普通は後編を予想しますよね.今回の作業で,目標まで終わらなかったので中編です.本日も,昨日同様,スカート裏のパネル製作です.昨日作製したパーツの表面処理等は残っていますが,流石に飽きたので,本日はこちらのパーツから.

76-212.jpg

昨日と同様,スジ入りプラ板を切り出し,周囲を囲みます.

76-213.jpg

今回は,表面処理まで済ませます.

76-214.jpg

これは,同じスカート裏パネルですが,サイドアーマーのもの.このパネルを込み込む前に,サイドパネル側もいじります.

76-215.jpg

これまでの作業で,残ったスジ入りプラ板の切れ端を活用し,ベースを作ります.先ほどのパネルを組み込むと

76-216.jpg

せっかくのパネルがちょっとくぼんでいるようですね.もう一段底上げする方がよさそうですね.とここで,時間切れ.表面処理までおこなうと,時間が一気に過ぎてしまいました.予定まで進んでいません.だから,中編です.今度こそ終わらせたいと思います.

ここまでの作業で,昨年の秋から使い始めたクレオスの流し込み接着剤SPがなくなってしまいました.

76-217.jpg

まだ買い置きがあるから大丈夫ですが,ほぼ1年で使い切ってしまいました.あれだけ出張があったので,作業量は通常よりは少なめだったはず.通常だと1年持たないということですね.

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ