プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ

後期スカート付き その24 完成 MS-09R-2 Rick Dom II

やっぱり長かった.当初ペースでは,ここまで引っ張るとは考えてもいませんでした.結局,3ヶ月しっかりかかりましたね.今回,もっとも時間を要したのは,塗装ですかね.初めて使ったモデルマスターアクリル塗料のクセが分かるまで(といっても,まだよく分かっていませんが),ずいぶんと時間を要しました.そして,最後のトップコートで,失敗しています.湿度が高いときに,トップコートは吹いちゃいかんですね.

とはいえ,4月から手がけていたリックドムII(ツバイ),これにて完成です.いつものように,4面図プラスアルファで仮組みとの比較から.

正面
RickDomII-08a.jpg RickDomII-237.jpg

左側面
RickDomII-09a.jpg RickDomII-238.jpg

背面
RickDomII-10a.jpg RickDomII-239.jpg

右側面
RickDomII-11a.jpg RickDomII-240.jpg

バストアップ
RickDomII-12a.jpg RickDomII-241.jpg

ガワラアングル(笑>でも,ファースト世代のMSは,この立ち位置ですよね)
RickDomII-13a.jpg RickDomII-242.jpg

S字立ちになるように,胴体に楔をいれ,首がもう少し前に傾くように,調整しましたが,プロポーションは全くいじっていません(いじるほどの腕もありませんし,いじる必要は全くありません>と,思うがね).ただし,足首は,もう少し可動範囲が広がるように,四苦八苦で2重間接化しています.また,モノアイも稼動するようにしています(やはり,ジオン系では,モノアイが動かないと表情がでませんもんね).

では,ジャイアントバズを,小脇に抱えて.
RickDomII-243.jpg RickDomII-244.jpg

武器を構えようとすると,バズがいろんなところにあたり,塗装はげがとても怖いです.本体自体は,間接のクリアランスを取っているのですが,武器までは考えてなかった.皆さん,どうしてるんでしょうか?

バズを肩に抱え,ヒートサーベルを左手に.モノアイを左に動かしています.

RickDomII-245.jpg RickDomII-246.jpg

このヒートサーベルは,赤熱状態(いや,青熱状態だな)です.

パンツァーファーストとマシンガンで.モノアイを右に流しています.

RickDomII-247.jpg

やっぱり,パンツァーファーストは,マラカスにしか見えませんね(笑).という訳で,マラカスダンス!

RickDomII-248.jpg

このときのモノアイは,上向きです.やっぱり,いってしまってる顔にしないとね(笑).

リックドムといえば,宇宙空間仕様.飛んでないといけません.ステージに接続できる穴も作製したのでした.

RickDomII-249.jpg RickDomII-250.jpg

飛びます,飛びます!
そして気になるのは,スカートの中(なんか変な意味に聞こえるなぁ).

RickDomII-251.jpg

よく見えませんね.これではどうでしょう.

RickDomII-252.jpg

ここまでバーニアがあれば,本当に飛びそうです.飛んでるときも,上目使い.

RickDomII-253.jpg

でも,ジャイアントバズを持って,ずっしりしているのが,一番しっくり来ますね.

RickDomII-254.jpg RickDomII-255.jpg

下から見上げて.

RickDomII-256.jpg

スカートのスリットを開口したので,向こうが見えます.

今のHGUCのキットと比べると,さすがに時代を感じるこのリックドムII.でも,こぶしが太すぎる意外は,プロポーションは良好です.普通の人なら,すぐ組めるキットだと思います.

今回は,通常の2色から,3色のドムにしてみました.色のチップと共に,完成です.

RickDomII-236.jpg

他にもドム系の機体はたくさんあるので,おそらくは二度と作ることはないと思います.しかし,ドム嫌いだった私をドムスキーにしてくれた貴重なキットです.これで,HGUC復帰2作目.右のフォト蔵で,楽しんでください(笑).でも,反省点もたくさん.もう少し,モデルマスターアクリルに慣れなければいけませんね.また,最後の難関のトップコート.これも,今後の課題です.

さて,お次は....実は,しっかり決めてたんですが,夏ですよね.夏といえば,カッパ?ちょっと,心変わりしつつあります.

最後に,お気に入りのアングルから,リックドムIIを締めたいと思います.

RickDomII-257.jpg
スポンサーサイト

後期スカート付き その23 ディテールアップ

ようやく最終局面,ディテールアップです.蒔いてきた種を刈り取るに等しいこの作業.これまでに,手をつけずにいた穴等を埋めたり,余計なものを足したりする作業です.しかし,作業機関があまりに長かったためか,開口したどの穴をどうするつもりだったか,覚えていなかったりします.メモを取っておいてよかったですね.そんなことまでする人がどれだけいるのでしょうか.

今日は長いですよ.一気に行きます.

さて,頭にも穴を開けました.側頭部のモールドです.このモールド,何のためにあるのか分かりませんが,前方にしかないモノアイを補うセンサーと見立てることにしました.

RickDomII-201.jpg RickDomII-202.jpg

それで,内側からキラキラストーン(装飾用のレンズ状)の赤(薄い色の方)を貼り付けました.

胸のアーマーにも,同様の円状のモールドがありました.キットでは,前方ものだけでしたが,後方にも開け,やはりセンサーっぽくしてみました.

RickDomII-203.jpg RickDomII-204.jpg

ここは青のキラキラストーン,やはり内側から貼っています.内側から,この手のセンサーを貼る場合,キットのままだと,プラスチックの厚さが目だってしまうので,内側を薄く削っています.胸アーマーの側面は,この作業が非常にやりにくい.電動リューターが大活躍でした.でも,このセンサーをつけると,その上にあるデカールが意味を出してきますよね(と,思ってるのは私だけ?)

腰のフロントアーマーの1部にも,キラキラストーン.

RickDomII-205.jpg RickDomII-206.jpg

薄い紫のものを使いました.アーマーの内側は,プラ板で裏打ち・ディテールアップしているのですが,この部分だけは,空けておいたのです.また,ここには,威張ってデカールを貼っています(笑).

腕にも,キラキラストーン.

RickDomII-207.jpg RickDomII-208.jpg

やはり,なぞだったモールドに合わせています.こちらは,濃い紫を使いました.これだけだと,北斗の拳に出てくる拳士がつけている腕サポーターっぽいですね.

次は,バーニアです.まずは,スカートの中から.プラチナ色のパイプをバーニアの芯として,付けていきました.

RickDomII-209.jpg RickDomII-210.jpg

これは,ネックレス等を作るためのもの.手芸屋で購入しました.サイズもいろいろあります.ふくらはぎのバーニアも同様に芯付け.

RickDomII-212.jpg

このリックドムIIは,スカート付きと呼ばれるだけあって,バーニアの類がたくさんあります.足の裏です.

RickDomII-213.jpg

こちらにも,プラチナ色のパイプを.こちらに使ったのは,上のバーニアで使ったストレート状のものではなく,側面が樽のように広がったバルジ状のものです.このバルジ状のパイプは,結構使い勝手がよく,薄型のバーニアやスラスターにはもってこいです.

肩のスラスターです.

RickDomII-214.jpg

バックパックです.

RickDomII-215.jpg RickDomII-216.jpg

腰のスラスターです.

RickDomII-217.jpg

スカート,ずいぶんと派手になりましたね(笑).

次は,スティールボールと呼ばれる金属製の玉を埋め込んでいきます.パーツはすべて,HIQパーツさんものを使っています.まずは,無骨なスネから.

RickDomII-218.jpg RickDomII-219.jpg

迫力があるので,1/144ですが,大きな1.5mmのスティールボールを使いました.

フロントアーマーには,1.2mmのものを.

RickDomII-220.jpg

センサーやデカールと会わせると,やっぱり派手ですね.

肩です.

RickDomII-221.jpg

腕です.

RickDomII-222.jpg

肩も腕も,1mmのものを使いました.

最後にコクピット・ハッチ.

RickDomII-223.jpg

こちらは0.7mmです.メモが無ければ,サイズが分からず,途方にくれていました.

まだ終わりません.腕のバルカンです.

RickDomII-224.jpg RickDomII-225.jpg

どこにも,バルカンとは書かれていませんが(見つけていないだけ?),キットのモールドを,根元だけ残して削り取り,バルカンパイプを取り付けられる穴を空けています.また,バルカンパイプ自体も,軽くですが,スモークを吹いています.HIQパーツさんのパイプを使いました.

今度は,武器に移ります.ジャイアントバズのセンサーです.

RickDomII-226.jpg

当初は,VCドームの緑のものにしようと思ったのですが,サイズがあわず,このオーロラレンズと青と緑のセンサーシールを使いました.内側が青で,側が緑になっています.モノアイと同じく,多重レンズっぽくしてみました.

その裏のモニター部.ここも開口していました.モニターっぽくなるように,透明プラ板にスモークを吹き,装着しています.

RickDomII-227.jpg

あまりにもひどいデキなので,作り直しました.

RickDomII-228.jpg

これでも,ひどいですが,少しはマシになったでしょうか.

これで,すべての作業終了です.

では,パーツ類を部位毎に.
頭部です.

RickDomII-229.jpg RickDomII-230.jpg

一つ目小僧(というより,一つ目入道だな)です.

胸部です.

RickDomII-231.jpg

プロペラントタンクの2本線は,苦労しただけに,お気に入りです.

腰部

RickDomII-232.jpg

結果として,ずいぶんと派手なスカートになりました.

腕部

RickDomII-233.jpg

二の腕は,2色にしてよかったと思うところです.

脚部

RickDomII-234.jpg

やっぱり,でかいです.

そして武器.

RickDomII-235.jpg

どう見ても,マラカスにしか見えませんね.

ようやくここまできました.次回はいよいよ最終回.

後期スカート付き その22 バーニア装着とデカってみました

今日は移動日だったので,実はあまり書くことがありません.そこでいつも週末ガンプラ.今回の内容も,出張前にやったことです.もう少しだけ溜めていた内容があります(笑).

塗装とスミ入れが終わったので,いくつかのパーツを組み上げます.まずは,足裏のバーニアとモールド.

RickDomII-188.jpg

組み上げ後は,結構ハデになりました.

RickDomII-189.jpg

そして,スカートの中とふくらはぎの中のバーニアも取り付けておきました.

RickDomII-190.jpg

ここまでバーニアが密集していると,十分すぎる機動力が確保できそうですよね.

次に,デカールを貼ってみました.

RickDomII-199.jpg

出張から戻ったら,パーツごとの写真を載せます.ちなみに,今回,使用したデカールは,80用のガンダムデカール,HIQパーツさんのコーションデカールの白と青・オレンジ.また,poohデカールの白などなどです.総勢,150枚でした.この数は,ハイゴッグよりも少ないですが(224枚),1/144では,やはり多いですかね.

そして,トップコートを吹きました.

RickDomII-200.jpg

各部の状態は,出張後ということで.

後期スカート付き その21 部分塗装とスミ入れ

当初は,20回で終わる予定だったリックドムIIです.すでに,越えてしまいました.でも,ようやく最終段階ですね.

まずは,赤みが足りないボディーから.現実的じゃないにしろ,スラスターが赤いとワンポイントでいい感じがします.そのため,スラスターを赤にすることに.

ボディーの色は,すでに十分暗い色なので,そのままでは赤がさえません.隠ぺい力が強いグレーを下塗りするといいのですが,それだと赤の彩度が落ちてしまいます.そこで,裏技.シルバーで下塗りです.

RickDomII-191.jpg

その上から,モデルカラーエナメルのシグナルレッドという色で部分塗装しました.要修正ですが,エナメルなのでそれは簡単.

RickDomII-192.jpg

19色目です.そして,ヒートソード.白熱状態です.

RickDomII-198.jpg

こちらは,水色と白でグラデーション.何度か失敗しましたが,今回はこれでいいことにします.20色目.組み立て説明書通りに,青系の白熱状態としましたが,やっぱりオレンジの方が,ヒートしてるっぽいですよね.

これで,塗装は終了です.

次に,スミ入れ.一気にやりました.

RickDomII-193.jpg

赤パーツは,タミヤさんのスミ入れ専用ブラウンで.

RickDomII-194.jpg

武装や色が濃いパーツは,これまたタミヤさんのスミ入れ専用ブラックで

RickDomII-197.jpg

そして,ボディーの薄紫パーツには,モデルカラーエナメルのダークシーブルーを使いました.

RickDomII-195.jpg

黒よりも,こちらの方がいい気がします.

RickDomII-196.jpg

やっとここまでこぎつけました.ちなみに,出張前にやったことです(明らかですかね).

後期スカート付き その20 ミイラ男化

結局,このキットももう20回目ですね.まだ,終わりません.塗装も終わっていません.

メインの色が大体終わったので,次は間接の色です.ヒジとヒザの内側にもこの色をと考えているので,また,ミイラ男化.

RickDomII-177.jpg

足の裏や腰のバーニア部にも塗ります.マスキングは地獄です.マスキングゾルも使ってみましたが,はがすときに上手くいかず,せっかくの塗装面が台無しになること数回.何かいい方法はないのでしょうか.ひたすらマスキング,時間が異常にかかります.

グレーです.

RickDomII-178.jpg

こっちも.

RickDomII-179.jpg

これは,F15という戦闘機のメインのグレー.ちょっと薄いかな.でも,ドムはボディーの色が濃いので,あえて薄い間接色にしました.16色目です.

こっちは,次の色があるので,マスキングはそのまま.さらに,マスキング.

RickDomII-180.jpg

そして,ガンメタルを吹きました.17色目.

RickDomII-182.jpg

足の裏は,ガンメタルをバーニアの周囲(ドーナツ状のもの)に吹いたのですが,本体色との違いがほとんどありません.苦労してマスキングしたのに(涙).この円状のマスキングは,非常に大変でした.そして,はみ出ていたのでかなりの修正が必要でした.マスキング,嫌いです.

で,更なるマスキング.

RickDomII-181.jpg

スカートとふくらはぎ内側を塗装するためです.

RickDomII-183.jpg

上手くいきました.エアクラフトインテリアグレーという色です.NATOブラックよりも少しだけ,薄いかな?落ち着いたいい色です.内側にはぴったり!18色目.

顔の動力パイプは,Vallejoのガンメタルブルーで,塗りました.

RickDomII-184.jpg

ちなみに内側は,間接と同じグレーです.顔も,すべてのパーツが塗り終わりました.

RickDomII-185.jpg

パーツが分けられているので,いい感じです.

本体も体だけですが,組んでみました.

RickDomII-187.jpg RickDomII-186.jpg

黒色のアーマー部はこのままツヤ有りでもいい気がしてきました.でも,つや消しの方がいいかなぁ.
全体的に,黒っぽいので赤のアクセントが必要ですね.やはり部分塗装か.

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ