FC2ブログ

プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

まとめ

77GC-43 腹部

ブログも久しぶりなら,連投も久しぶりです.本日は,77系.こちらは,胴体が一段落したので,腹部に進みます.ここは無改造で思ってはいても,そう簡単ではありません.108号機と重装D型の胴体前面は,リバイブのガンキャノンキットを使っています.そうなると,腹部の接続が異なるので,その調整が必要です.

実はこの調整,日本に帰る前に一度失敗しています.そのため,日本で部品注文を行い,このパーツを入手してきました.

77-493.jpg

腹部と胸部の接続パーツです.スキマにプラ板や樹脂を充てんし,ボールをカットします.

77-494.jpg

ボールをカットすると,左のパーツの状態になります.

77-495.jpg

実はこれは失敗作.方向は間違ってはいないのですが,強度が不十分でした.そのために,隙間をプラ板や樹脂で充てんしました.カットしたボール部の軸は直径3㎜ですが,3㎜の穴を空け,プラ棒を通すと,ジョイント部の強度が不十分になります.失敗したのは,その強度不足が原因でした.日本に帰った際に,タミヤさんの2㎜プラ棒と3㎜パイプを購入していたのですが,それは個々で使用するためでした.3㎜の軸に2㎜の穴を空け,2㎜のプラ棒を通し,接着.さらに3㎜のパイプを被せて,軸を作ります.

77-496.jpg

それでも強度が不安なので,上からプラ板を追加して,補強します.

77-497.jpg

さらに,腹部パーツの内側を可能な限り削り,

77-498.jpg

軸がもっと曲がるぐらいまで加工します.そうすると,

77-499.jpg

軸がここまで下がります.リバイブとオリジンキットとでは,この関節の位置がずいぶんと異なるので,調整は必須です.良さそうなので,こちらも腹部を延長します.76系と同様,延長は1.5㎜.

77-500.jpg

ついでに,残りの3機の腹部も延長します.

77-501.jpg

そして整形.

77-502.jpg

サフはまだですが,こちらも腹部は完成です.76系の方と合わせると,7基分の腹部の整形をやったことになります.同時製作は,3機までにしておく方が,精神的にいいでしょうね.



スポンサーサイト

76GC-18 胴体

お久しぶりです.この夏は,出張が異常で,ほとんど模型ができないでいます.正直,とっとと終わらせたいガンキャノンですが,ようやく道半ば(工作のみ)と言ったところでしょうか.出張からは昨日戻ってきたのですが,今回の出張はあまりにもやることが多く,しかも大役だったので,帰ってきてからは燃え尽き症候群のような状態です.

リハビリを兼ねて,久しぶりに76系のガンキャノンをいじってみます.前回は,何と3月でした.なんてこったい.

関節,頭部および武器類は終わっていますから,77系同様,胴体です.

76-189.jpg

77系とは異なり,できる限りのストレート製作です.側面のバーニア部を開口し,スジをすべて掘りなおしました.ディテール過多のオリジンキットですから,掘り直し,しかも4機は,結構な時間を有します.いじるところは,1か所のみで,胸部ダクトを切り離し,後ハメ可能にします.

76-190.jpg

切り離したダクト部は,プラ板でガイドを付けておくと,はめ込みが楽になります.これも4機分.

76-191.jpg

ただしそのまま組み込みと,

76-192.jpg

右のパーツのように,ダクトがツライチの状態になってしまいます.設定画を参照すると,これは間違ってはいないのですが,変な刷り込みがあるのか,どうしても一段下げる方が好みなので,基部の方を0.5㎜カットしてみました.ダクトパーツを取り付けると,左のようにダクトが一段下がって見えます.やはり,こっちですよね.という訳で,こちらも繰り返すこと4回.

76-193.jpg

そして接着.

76-194.jpg

合わせ目は段落ちになっているので,そのままでもよかったのですが,胸部側だけは埋めておきました.腹部の方はそのままにしています.サフを吹かないと,埋めたかどうかよく分かりませんね.

ここで終わりではありません,この勢いで,腹部も進めてしまいます.すでに2機分は,進んでいるのですが,腹部を1.5㎜延長しました.

76-195.jpg

手前が進んでいるパーツで,奥の二つが作業中のもの.この延長は,いつやったか記憶にないほど昔なので,自分のブログ(つまりココ)を参照しながら(ログなので本来の使い方にあっている!)おこないました.面倒でも記録に残しておいてよかったと思える瞬間でした.整形しました.

76-196.jpg

天候が悪くて,サフが吹けていませんが,76系は一気に胴体完成です.77系もこのペースだと,いいんですが....

77GC-42 胴体前面 その6

出張が重なっているので,仕方がないことなのですが,それでもずっと胴体ばかりと言うのは,本当に飽きますね.前回までで(と言っても2週間前ですが),ダクト周辺の形状変更が終わったので,前回の最後に言及していたコクピットハッチの製作をしたいと思います.ここは完全自作なので,形状を検討するところから始める必要があります.だから,あーだこーだと時間がかかります.

まずは謎の機体.コクピットハッチは,どれとも似ていません.

77-ex.jpg

しかも張り出しがあまりありません.そこで,箱組ベースでこんな感じのものをプラ板で作製.

77-480.jpg

裏はハリボテです.

77-481.jpg

抑えた張り出しのハッチを再現するため,キットのハッチはすでに削っていますが,そこにうまくはまるようにするための,ハリボテです.はめてみます.

77-482.jpg

設定画には,むき出しのヒンジっぽいものがあるので,その位置に下書きしています.これを再現します.

77-483.jpg

まずは概形だけです.次に,残りの重装型とガンキャノンIIのコクピットハッチを同様に作ります.まずは,プラ板の切り出しから.

77-484.jpg

MSVの旧キットには,どちらの画像もかかれたしおりが同封されていて,両者のコクピットハッチの形状は同一だとばかり思っていました(刷り込まれていた?).しかし,切り出しているプラ板の形状は,それぞれで異なります.これは,この前日本で購入したこの本を参考にしました.

77-ex2.jpg

両機体での差は,もしかしたら先生の気まぐれなのかもしれませんが,ダクト周辺も大きく異なるので,ハッチも先生のイラストに合わせてみました.箱組します.

77-485.jpg

謎の機体とは異なり,両機体とも大きく張り出したコクピットハッチを有しています.側面からの形状はこんな感じに.

77-486.jpg

整形して,エッジを出しています.

77-487.jpg

サフを吹いて確認します.

77-488.jpg

問題なさそうですから,モールドを追加したり,スジ彫りを入れたりとディテールアップ.

77-489.jpg

サフを吹いて表面の確認です.

77-490.jpg

ついでに,108号機と重装型Dの胸部にもスジを追加しました.

77-491.jpg

再度,サフを吹きました.

77-492.jpg

これでようやく胴体前面の工作が終了です.そして,タイムアップ.来週末もまたしても出張ですから,次は8月です.次はどうしましょうかね.

77GC-41 胴体前面 その5

こちらに戻ってきたのが,土曜日の夜.そして,月曜はまた長期出張.ということは,週末が1日だけある.どちらも時差がある出張なので,日本での時差が取れる前に,次の出張で,一体どこにいるのか分からない状態です.本当はゆっくりしておくべきなんでしょうが,ゆっくりしながら,進めてみました.

ちなみに,実弟に,最近はマニアックなガンキャノンの改造ばかりで面白くないとダメだしされてしまいました(涙).と言っても,この状態で引き返すわけにもいかないので,ガンキャノンが終わるまでは,今のスタイルを続けます.

さて,胴体前面ですが,もう一つ,一番面倒なヤツが残っています.それは,ガンキャノンII.こいつの胸部ダクト周辺は,他のガンキャノンとは大きく異なり,下側が出っ張った形状になっています.そこで,前回同様に,ダクト部をカットします.

77-467.jpg

今度は,重装型や謎の機体以上にダクト部をカットしています.ちなみに,右のパーツは,通常のガンキャノン用に腹部を除去した残りで,カットするサイズを検討するテスト台になってもらいました.カットした後は,上下にプラ板を貼り,

77-468.jpg

形を出しながら,両サイドにプラ板を貼りました.

77-469.jpg

大まかに整形しました.

77-470.jpg

正面からだと,下側の出っ張りが分かりにくいので,側面からです.

77-471.jpg

右のパーツの重装型は,ダクト上部が出っ張っているので(通常のMSの形状),ダクトの面は下向きですが,左のガンキャンIIは,下が出っ張っているので,ダクトが上向きです.きちんと整形しました.

77-472.jpg

胸部の側面には,C面を追加しています.

77-473.jpg

サフを吹いて,形状確認です.

77-474.jpg

良さそうです.今度は,ダクトの中身.まずは,プラ材でストッパーを取り付けます.

77-475.jpg

そこにはまるように,1㎜幅のスジ入り板を切り出しました.

77-476.jpg

このスジは,ダクトとしては非常に弱いので,プラ板を斜めに貼り,ダクトフィンを追加ました.

77-477.jpg

はめ込むとこうなります.

77-478.jpg

ガンキャノンIIの胸部になっているでしょうか?コクピットハッチも作らないといけませんね.しかし,これで,77系の5体の胸部がそろいました.

77-479.jpg

上段,左から,謎の機体,108号機.下段は,重装型,重装D型,そしてガンキャノンIIです.次はコクピットハッチですね.さらに雰囲気が変わるはずです.

また出張なので(今度はドイツ),続きは月末です.それまでは,夏バテなんかにならないように,頑張りましょう!

2018夏 さらなるツミ

出張の途中ですので,もうしばらくは製作記が書けそうにありません.もうすぐ最初の長期出張が終わりますが,引き続き,次の長期出張が待っていますから,製作期の更新は早くても7月末だと思います.

さて,最初の長期出張は祖国日本.1か所ではなく,今回も数か所移動していました.その中で,ちょっとだけ(本当にそうか?)物資の確保ができましたので,その1部だけお見せします.

今回,東京に行ってきました.本当に時間が取れなかったので,模型屋にも結局行けずじまいでしたが,移動の間隙を縫うように,1か所だけ行ってきました.戦利品です.

R0022507.jpg

ガンダムベースです.が,今回は本当に時間がなく,滞在時間わずかに15分という強行軍.ユニコーンにも会えずじまいでした.が,光の結晶ユニコーンを確保してきました.もう,ユニコーンは買わないだろうと思っていたんですけどね.下のゼータ3号機はついでです(笑).

次に購入したキットはこちら.

R0022509.jpg

F-2Aの2号機とドイツのVSTOL実験機です.F-2Aのほうは,限定版ですから,この機を逃すとこんな値段では買えなくなりますね.

そして盟友からいただいたもの.

R0022508.jpg

ありがとう!F-35は,その昔A型ももらっていますから,C型も一緒に作ることにしましょうかね,そのうち.

それでは生存報告でした.

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ