プロフィール

やすりがけ

Author:やすりがけ
週末だけの模型製作
マイペースでやっていきます

アクセスカウンター

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

オーストラリア,シドニー

しばらくぶりの更新です.いつもより少し長めの出張から帰ってきたのは1週間前.ですが,その間に溜まっていた仕事と降りかかる締め切りの中で,身動きが取れないでいました.これを書いているからと言って,必ずしもその締め切り地獄から抜け出したわけではないんですけどね.ホント,気を許すと,イヤ許さなくても,締め切りは湧いて出てきます.

今日は模型製作の話ではなく,久しぶりの模型屋さんのお話し.出張の際に,機械があればその場所の模型屋さんを探しに出かけます.今回も見つけてきました.

場所は,オーストラリアはシドニーです.その中心部にあるモールの中にありました.

Hobbyco01.jpg

HobbyCoという模型の割合が多い,おもちゃ屋さんです.と言っても,バカにはできません.これをご覧あれ.

Hobbyco02.jpg

ちょっとなじみがないかもしれませんが,この塗料,スペインのアクリル塗料であるMIGですよ.こんなに陳列しているMIGを見たのは初めてかも.もちろん,日本製の塗料が席巻していました.模型もいろんなジャンルのものがおいていました.当然,こちらも.

Hobbyco03.jpg

昨年の夏依頼,日本から離れていますので,こんな山積みのガンプラを見たのは久しぶりです.しかし,

Hobbyco04.jpg

たっ,高い(汗).もちろん,為替レートが違いますから,単純ではないですが,それを考慮しても高い.生息地であるアメリカでは購入できないタミヤさんのエナメル塗料を購入して退散しました.それも高価でしたが(1本AU$3.75).オーストラリアは,食べ物も美味しいし,いい国なんですが,この物価だけは信じられません.

異常,本当に久しぶりの世界の模型屋でした.
スポンサーサイト

kje-120

久しぶりの連投です.と言っても今日から出張なので,来週の製作記はありません.うまくいけば,別件で記事にできるかもしれませんが.

さて,武器の山場だったチェーンマインが終わったので,残る武器はこれだけです.

kje-1427.jpg

J用のエネルギーガン.やっぱり,ガルスくんにはこれですよね.すでに,シャドー下地から塗装をしたのですが,なんというかイメージよりも濃すぎです.この上から,さらにグレーを重ねました.

kje-1428.jpg

この色もモデルマスターアクリルのダークグレーと言う色ですが(F-15の濃いい方の色),こちらの方がしっくりきますね.スミ入れしました.
kje-1429.jpg

一応,シャドーの跡も分かるのですが,写真ではどうですかね?エネルギーガンの塗装も終了です.

kje-1430.jpg

後はセンサーのみですね.つやをそろえた後にセンサーを付けましょう.

これで武器類の塗装が終了しました.ついに本体突入です.同じくダークグレーを使って,JとEのグレー部を塗装します.

kje-1431.jpg

脚部のバーニアです.さらに,

kje-1432.jpg

Jの背中についているバーニアとEの前垂れの一部,それにバックパックです.もちろん,

kje-1433.jpg

肩も.エッジはシャドーが効いているでしょうか?なお,関節部は,別の色を使う予定ですから,汚いままです.

同じようにKも.

kje-1434.jpg

JやEと同じ色でもよかったのですが,設定画を見るともう少し茶系のグレーのような気がしたので別の色にしました.Kのつま先の塗装が終わったので,K足首フレームの塗装がようやく終わりました.そこで,すでに着色し,スミ入れしておいたパネルを接着しておきました.

kje-1435.jpg

とここで時間切れ.次の製作記は2月後半になると思います.天候にも寄りますが.では,行ってきます(ココは空港).

kje-119

今週は本当につらかった.毎日,自分の仕事に直結しない仕事に忙殺されていました.結局,週末までにやらなければいけない仕事は,後回し.明日からの移動中に進めることにします.

そんな中,模型の方はあまり進展がなかったのですが,これまで中途半端だったのブログに上げられなかった部分がようやくできました.それが,前回の続き.

kje-1414.jpg

チェーンマインのスミ入れです.タミヤさんのスミ入れ専用グレーで試しましたが,コントラストがほぼ同じで,スミ入れの効果がありませんでした.今回は,ブラックとグレーを1;1で混ぜてみました.これだけの量なので,ふき取りにも相当な時間がかかりました.通常のエナメル塗料用シンナーだと,匂いがきついため,無臭のやつを使っているのですが,通常のシンナーよりも弱いのかすぐにふき取れません.匂いがきついと,頭が痛くなるので,これは致し方ありませんね.

今回スミ入れでは,前回の時のコントラスにこれだけの差があります.

kje-1415.jpg kje-1416.jpg

分かりますか?さすがに黒はきつすぎますからね.

次に,パック状態のチェーンマイン.下地シャドーがまだ残っていて,厚化粧のようだったので,さらにグレーを重ねました.

kje-1417.jpg

前の状態と比較してみます.

kje-1409.jpg kje-1418.jpg

どうでしょうか?厚化粧からナチュラルメイクぐらいにはなったでしょうか?モデルマスターアクリルでこれだけの細吹きができるようになっただけでも,大きな進歩です.

持ち手です.

kje-1419.jpg

こちらもシャドー白地からのスミ入れです.その対は,部分塗装しました.

kje-1420.jpg

チェーンマイン本体の方で塗り残しを発見したので,14x3の42パーツ,塗り直しです.

kje-1421.jpg

矢印の部分ですね.チェーンマインの先端(ネビュラチェーンのアロー部?)は,薄い金で部分塗装しました.

kje-1422.jpg

フレームと合わせます.

kje-1423.jpg

パック状態の完成です.お次は展開状態の方.

kje-1424a.jpg

同様に部分塗装とスミ入れを終え,数珠つなぎ.

kje-1425.jpg

なお,信管部?(黄色い部分)は,キラキラストーンをはめ込む予定です.

kje-1426.jpg

一生分のチェーンマインを作りました.

相互リンクです

今週末は,仕事で出張中です.そのため,模型製作記事はありません.が,先日,コメントをいただき,このたび相互リンクさせていただくことになりました.

14roeさんのうすい製作所です.

usui.jpg


木工や樹脂材から,オリジナル機体の製作をされています.削りだしでパーツをスクラッチされていますが,恐ろしいのは,その精度.自分は,引き算で精度を出すことができませんから,脅威の製作です.これからもよろしくお願いいたします.

kje-118

武装系の塗装はまだ続きます.今日は,こちらのパーツ.

kje-1407.jpg

チェーンマインです.これは,コンパクトにまとめられたパッケージ版のフレーム.エンジングレイと言う色です.そして,その中身.

kje-1408.jpg

Jのエネルギーガンとともに,シャドー吹きをやってみました.モデルマスターアクリル塗料では,この細吹きができないので,タミヤアクリル塗料の黒を使いました.神経を使いながらの塗装だったので,指が痛くなりました.これだけではなく,本体パーツの一部も同様にシャドー吹きをしています.そして,塗装.

kje-1409.jpg

モデルマスターアクリルのミディアムグレイと言う色を使いました.もう少し影を抑えた方がよさそうですね.後でやり直してみます.そう,今回は,このシャドー吹きからの重ね塗りがやってみたかったのです.フレームではやっていませんが.

ついでに,展開時のチェーンマインも塗装しました.

kje-1410.jpg

下側です.そして,

kje-1411.jpg

上側とその他のパーツ.本当は,1機分でいいのですが,もう作りたくはなかったので,3機分一気に作っています.一つはケンプファー用に取っておきましょう.いつケンプファーを作るかどうかは未定ですが(笑).

スミ入れしました.

kje-1412.jpg

タミヤさんのスミ入れグレーで行いましたが,今一つ.拡大してみます.

kje-1413.jpg

スミ入れしたかどうかさえ怪しいですね.もう少し濃くないと締まらないですね.次回は,そのやり直しからです.

さて,今回,シャドー吹きをやってみたのですが,実は以前から何度も試みてきました.経験値も技量も足りないので,なかなかうまくいかず,ボツにしてきました.一方で,モデルマスターアクリルでは,やはりなかなか難しく,圧を抑えて局部に吹きつけることができませんでした.が,もしかしたら,うまくいきそうな薄め方が見つかったかもしれません.実は,その答えはすでに試していたのですが,今の今まで気が付きませんでした.その内,まとめたいと思います.

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ